脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

垢が原因の脇の黒ずみ

      2016/08/18

垢が原因で引き起こされる脇の黒ずみ

垢が原因で引き起こされる脇の黒ずみ

皮膚の表皮と汗や脂が混じって出る汚れが垢で、脇の黒ずみを引き起こす大きな原因だと考えられております。

脇の下に限らず、全身の皮膚では新しい肌細胞が形成されており、古くなった角質は垢となって表皮から離れていくのです。

「鎖骨周り」「脇から背中にかけて」「足の付け根」「太ももの内側」「足の指の間」といった場所は特に垢が溜まりやすくなっています。

正常な状態ならば自然と剥がれるものの、新陳代謝が乱れているとその垢が剥がれにくくなり、毛穴の中に詰まって脇の黒ずみを引き起こしやすくなるのです。

つまり、垢が直接的な原因になって脇の黒ずみを引き起こしているというよりも、肌の新陳代謝の乱れが引き金だと言えるのではないでしょうか。

皮膚の新しい細胞は表皮の最も下に位置している基底層で生まれ、徐々に上へと押し上げられることで角質細胞となります。

そして最後は垢となって剥がれ落ちる一連の代謝活動のことを肌のターンオーバーと呼び、この乱れが原因で脇の黒ずみの症状が悪化するのです。

この肌の新陳代謝が乱れる原因としては以下が考えられます。

・慢性的な睡眠不足
・栄養素の偏った食生活
・ビールやサワーなどのアルコールの過剰摂取
・精神的なストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・太陽から降り注ぐ紫外線
・身体の冷え

上記のような原因で代謝がダウンしていると垢が剥がれにくくなり、脇の下に溜まれば脇の黒ずみへと変化していきます。

個人の体質によってはくすみやシミを助長する形となり、数多くの肌トラブルを勃発させる危険性があるので注意しなければなりません。

「肌が乾燥している」「紫外線を浴びている」「肌荒れに悩んでいる」という人は、ただの垢だと甘く見ないで生活習慣に気を配って新陳代謝を向上させられるように努力するべきです。

また、垢の溜まりは脇の黒ずみだけではなく、不快な臭いを引き起こす原因ともなります。

既に沈着した垢は生活習慣の見直しだけでは剥がれない可能性が高いので、毎日のお風呂で念入りに洗わなければならないのです。

脇の下を洗う際の注意点をチェック!

脇の下に溜まった垢や汚れを落としたいからといってゴシゴシと力を入れて洗ったり、スクラブ入りのボディソープを毎日使用したりしていると皮膚を傷付ける原因となります。

今度は脇の下に加えた刺激によって皮膚がダメージを受け、逆に脇の黒ずみの症状が酷くなるかもしれないので注意した方が良いでしょう。

ナイロンやポリエステルといった化学繊維で構成されたタオルを使い、脇の下を洗っている方も注意が必要で、皮膚への刺激によって肌がダメージから守ろうとメラニン色素を生み出してしまうのです。

特に、「ツルツルでピカピカでサッパリ」というキャッチフレーズで紹介されているようなあかすりの使用は避けなければならず、脇の肌の角質層がどんどん分厚くなります。

その刺激から守るための防御反応としてメラニン色素が作り出され、肌へと沈着すれば脇の黒ずみになるので絶対にやめましょう。

垢が原因の黒ずみを解消したいという女性は、身体に優しい天然繊維のタオルと天然成分が含まれたボディソープを使用し、脇の下を優しく洗い流すというスキンケアが適しています。

しかし、皮膚に付着した垢を落とせても既に脇の黒ずみが引き起こされている方は改善に繋がらないかもしれないので、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)がおすすめです。

美白成分と保湿成分の両方が含まれた美容ジェルなので、Pule Pearl(ピューレパール)を使って脇の黒ずみのケアを行ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみの原因