脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをアットノンで治そう

      2016/10/08

脇の黒ずみを小林製薬のアットノンで治そう

脇の黒ずみを小林製薬のアットノンで治そう

火傷や傷跡を消す薬として小林製薬からはアットノンが販売されており、脇の黒ずみにも効き目があるのではないかと考えられています。

アットノンの中にはヘパリン類似物質と呼ばれる有効成分が含まれており、以下のような効果が期待できるのです。

 

・抗炎症作用によって皮膚の内部で引き起こされている炎症を鎮める
・血液の循環を良くして皮膚の新陳代謝を促す
・角質に水分を保持して肌を柔らかくする

上記のような素晴らしい効能を秘めているため、ヘパリン類似物質が配合されているアットノンで火傷や傷跡といった肌トラブルを改善できるのかもしれません。

脇の黒ずみは個人によって原因が異なるものの、古くなった角質が毛穴の中に詰まることで生じると言われています。

肌の新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーにも乱れが生じている女性ほど引き起こされやすく、カミソリや毛抜きによるダメージも要因の一つなのです。

皮下組織の血流を促して細胞の生まれ変わりを助ければ新しい皮膚を維持できるため、黒ずみは薄くなっていきます。

この作用を促してくれるのがヘパリン類似物質なので、アットノンで脇の黒ずみを解消できたとしても決して不思議な話ではないのです。

脇の黒ずみを引き起こしている女性は、既に肌が大きなダメージを受けているかもしれないので、その修復を行う必要があります。

アットノンはどの皮膚にでも使用できる万能な薬なので、脇の下に塗布するのは選択肢の一つというわけです。

しかし、水分補給をして潤いを与える効能があったとしても、アットノンを使用して脇の黒ずみを改善できた人は見当たらないところが怖いかもしれません。

それに、色素沈着を改善したい脇の黒ずみとは少々得られる効能が異なるため、根本的な解消を目指している女性は黒ずみ対策に特化したPule Pearl(ピューレパール)を使用してみてください。

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

虫刺されや火傷にはアットノンが効果を発揮する

上記では脇の黒ずみ対策に焦点を当てるのであれば、アットノンよりも専用の化粧品を使った方が良いと説明致しました。

しかし、「二の腕に虫刺されの跡がある」「ひじに火傷の跡がある」「足に転んで形成された傷跡がある」「手や指のあかぎれが気になる」という人には、アットノンの使用が適しております。

「自然と肌が回復していくだろう」と何もケアを行わないと、中々消えない一生キズになってしまうかもしれません。

傷跡へのケアが遅れれば遅れるほど治りにくくなるのは紛れもない事実なので、早めにアットノンといった薬で対策を練った方が良いのです。

4種類のタイプから選べるアットノン

肌に塗布して良く伸びるジェルタイプの「アットノン ジェル」と、しっとりとした使用感のクリームタイプの「アットノン クリーム」の2種類の製品が登場しています。

この2種類に加えて現在では肌色クリームが傷跡を隠すコンシーラータイプと、肌馴染みの良いローションタイプもあり、どれもヘパリン類似物質を含んでいるのが特徴です。

お近くのドラッグストアでも購入できるはずなので、お好きな種類の製品を使用して傷跡のない美肌を目指してみてください。

アットノンの正しい使い方や塗り方をチェック!

以下では安全に不快な肌トラブルを解消するために、アットノンの正しい使い方や塗り方を大まかにまとめてみました。

  • 適量を患部へと擦り込むかガーゼへと伸ばして貼り付ける
  • 敏感でデリケートな目の周りの皮膚には塗布しない
  • 肌に塗ってから発疹や赤みが出たら直ぐに使用を中止する
  • 血液を循環させる作用を持つので出血性血液疾患の人は使わない

化粧品ではなく医薬品に分類されるため、公式サイトやパッケージの説明を事前に確認しておくべきです。

 - 脇の黒ずみを化粧品で