脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと美白

   

既に肌に形成された脇の黒ずみを治したいのであれば、美白成分が含まれた化粧品の使用が適しております。

ムダ毛の自己処理の方法を見直し、肌に刺激を与えないようにするのも大事かもしれません。

しかし、それだけでは頑固な脇の黒ずみを落とすことはできないので、美白成分が含まれた化粧水やクリーム、ジェルの使用が最適なのです。

そこでこのページでは、どのような美白成分が配合された化粧品を使用すれば良いのか記載しているので、是非一度確認してみてください。

 

ビタミンC誘導体

美白成分として数多くの化粧品の中に含まれているのがビタミンC誘導体で、ビタミンCを肌の内部へと浸透しやすいように安定させているのが大きな特徴です。

ビタミンC誘導体はメラニン色素の生成を抑えて色素沈着を防ぐ効果を持っているので、脇の黒ずみを薄くできます。

ただし、肌への刺激が少々強く、乾燥しやすいというデメリットがあるので、ビタミンC誘導体だけではなく保湿成分が含まれた化粧品を選ぶようにしましょう。

 

プラセンタ

牛や豚など哺乳類の胎盤が原材料となっているプラセンタも、代表的な美白成分となっております。

プラセンタも様々な化粧品の中に配合されておりますし、美容皮膚科ではプラセンタ注射といった施術も行われているため、女性にとっては馴染みが深いのではないでしょうか。

既に形成された脇の黒ずみやシミには大きな効能は得られないものの、メラニンの生成を抑えてくれるので美肌の予防には繋がります。

とは言え、肌の新陳代謝を促して古い角質を剥がれやすくし、肌を若返らせるという効能があるため、脇の黒ずみを解消する化粧品の中に配合されていることが多いのです。

 

米ぬかエキス

一昔前から日本人の生活の中で愛用されてきたのが米ぬかで、このエキスには以下のような効能があります。

・厚く硬くなった角質を除去して肌のくすみを予防する
・カサカサの肌を滑らかにして潤いを与える
・メラニン色素を含んだ角質を落として透明美白へと導く

米ぬかには肌のシミを薄くするビタミンB1やビタミンB2、肌の老化を防止するビタミンEといった栄養素が配合されております。

しかも、米ぬかエキスは水に溶けやすく、身体に吸収されやすいように加工されているので、脇の黒ずみを治す化粧品の中に含まれているのかもしれません。

 

 

上記のような美白成分を含んでいる美容ジェルが当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)で、脇の黒ずみのケアとして多くの女性が愛用しております。

ピュウベッロやベルルミエールといった美白メニューのあるエステサロンへと定期的に通い、美肌を手に入れるのは一つの選択肢かもしれません。

しかし、サロンでの施術は得られる効果が高い代わりにかかる費用が高いですし、経済的な負担は当然のように大きくなります。

そのため、脇の黒ずみの症状がまだ悪化していないのであれば、自宅でPule Pearl(ピューレパール)を使用し、透明感のある肌を維持できるように努力してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと関係のある成分