脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

中学生の脇の黒ずみ

   

脇の黒ずみは性別や年齢に関係なく引き起こされるという特徴があり、中学生という思春期の時期に悩みを抱えている女子は少なからずいらっしゃいます。

中学生にもなれば見た目のイメージにも気を配るようになるはずですし、脇の黒ずみによって体操着や水着を着られないと悩む気持ちは大いに分かるのです。

近年では栄養状態が良いことが要因なのか発育が以前よりも良くなっており、中学生辺りから生理が始まりわき毛が生え始めるというケースは決して少なくありません。

「自分は他の友達と比べて脇の黒ずみが酷い・・・」と悩むことは多く、当人達にとっては切実な問題というわけです。

実際に、下記のようなコンプレックスを感じている中学生の女性は多いのではないでしょうか。

・自分は友人と比べて脇の黒ずみが濃いけど何をすれば良いのか分からない
・水泳の時間が憂鬱で仕方ない
・ムダ毛の処理を続けていたらどんどん黒くなっていった

個人の体質によって多少は異なるものの、中学生の段階で脇の黒ずみが引き起こされたのであれば、ムダ毛の自己処理が大きな要因だと考えられます。

大人の女性が引き起こす要因の一つでもあるのですが、カミソリで脇の下の皮膚を傷付けていると防衛反応としてメラニン色素が過剰に生成され、それが肌に沈着して黒ずみが生じるのです。

思春期特有の恥じらいから、親に隠れて自己流の方法でわき毛の処理をお風呂で行っている中学生の女子は少なくありません。

しかし、間違った自己処理を続けてダメージを加えれば加えるほどメラニンは蓄積され、脇の黒ずみは治りにくくなるので、間違った方法を改善することから始める必要があります。

そこで、肌へと刺激が加わりやすいカミソリや毛抜きの使用ではなく、電気シェーバーの使用が効果的です。

他の方法と比べて肌へのダメージを減らせますし、わき毛を処理する前にシェービングクリームを丁寧に塗り、剃った後も化粧水やクリームで潤いと保湿を心掛けていれば十分に脇の黒ずみを予防できるのではないでしょうか。

中学生の段階で美容サロンを訪れて全身脱毛を受けるのは少々経済的に無理があるため、わき毛の自己処理を見直すという方法が現実的なのです。

脇の下も顔と同じようにケアをして潤いを与えていれば、黒ずみだけではなく肌荒れも同時に防ぐことができます。

もし、既に脇の黒ずみが形成されて、毎日お風呂で洗っても落ちないのであれば、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)を使用するのが良いかもしれません。

妊娠中のデリケートな肌の女性でも使用できるほど安全な美容ジェルで、中学生や高校生の女子も使えるので是非一度Pule Pearl(ピューレパール)を試してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと年齢・性別