脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみとクエン酸

   

脇の黒ずみの症状を和らげるために、クエン酸ピーリングが効果的だという噂が飛び交っております。

弱酸性の成分がクエン酸で古くなった角質を落とし、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促してくれるのです。

古い角質が肌に溜まり、それが毛穴の中に詰まって脇の黒ずみを引き起こすケースは決して少なくありません。

そこでピーリング処置を行えば新しい肌の再生を促してくれるため、脇の黒ずみには自宅で行えるクエン酸ピーリングが効果的だと考えられているのです。

テレビ番組で皮膚科医が実際にクエン酸ピーリングの方法を以前に紹介しておりましたし、手作りで処置を施せるので「市販のピーリング剤は値段がちょっと・・・」と悩んでいる女性に適しております。

もちろん、脇の下の皮膚に加わる刺激の蓄積でメラニン色素が放出され、脇の黒ずみの症状が悪化しやすいので、間違った自己処理をやめるのが先決です。

それでも、既に形成された脇の黒ずみの症状を和らげるにはスキンケアの方法に気を配らなければならないので、クエン酸ピーリングが注目を集めているのではないでしょうか。

そこで、以下ではクエン酸ピーリングの作り方と塗り方をご説明しているので、脇の黒ずみで悩む女性は実際に試してみてください。

①大さじ1杯のクエン酸と100mlの精製水、空き容器を用意する
②熱湯で消毒した容器にクエン酸と精製水を入れる
③クエン酸が溶けるまでしっかりと混ぜる
④脇の下を洗って清潔な状態にする
⑤コットンに液体を湿らせて脇の下を塗布する
⑥5分間程度放置する
⑦ぬるま湯を使って丁寧に脇の下を洗い流す
⑧保湿成分が配合された化粧水やジェルで潤いを与える

上記のような方法でクエン酸ピーリングを行うことにより、肌の新陳代謝が活発になって古い角質が取り除かれます。

しかし、脇の黒ずみの解消効果が高いのは間違いないものの、「敏感肌の女性には刺激が強い」「ヒリヒリ感や赤みといった肌トラブルが生じる」という弊害があるので注意が必要です。

特に、脇の黒ずみを早く治したいからといって毎日のようにクエン酸ピーリングを行っていたり、コットンで塗布して洗い流した後の保湿ケアを怠っていたりすると、肌トラブルが引き起こされやすくなるかもしれません。

逆に肌の状態を悪化させていては全く意味がないので、敏感肌の女性は念のために医師に相談してから行うべきです。

肌への刺激を抑えながら脇の黒ずみの対策がしたいという女性には、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)が適しております。

肌への刺激的な成分は一切含まれていないので、通販でPule Pearl(ピューレパール)を購入してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと関係のある成分