脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

クレンジングで脇の黒ずみを解消

      2016/10/22

クレンジングオイルと洗顔料の違い

クレンジングオイルと洗顔料は女性にとって欠かせないアイテムです。

しかし、この2つを混同している方がいますが、以下のように大きな違いがあります。

  • クレンジングオイル⇒メイクの油汚れや黒ずみを落とす
  • 洗顔料⇒毛穴に溜まった角質や角栓などの汚れを落とす

落とせる汚れの種類には違いがあり、ガッツリとメイクをしている女性はダブル洗顔をした方が良いと言われている大きな理由です。

クレンジングで脇の黒ずみを解消できるの?

クレンジングで脇の黒ずみを解消できるの?
メイク落としに使用するクレンジングオイルは、脇の黒ずみの解消にも一躍買ってくれると言われています。

顔の毛穴の黒ずみを落とせる効果的なアイテムですし、脇の下も顔と同じ皮膚という点では一緒です。

  • クレンジングオイルは洗顔料とは違って油分の汚れに対して大きな効果を発揮する
  • 普通に水洗いをするよりも脇の下の毛穴に詰まった汚れを除去できる
  • 毛穴汚れを一掃できれば脇の黒ずみの解消に繋がる

このようなメカニズムで効果があり、女性であれば1本のクレンジングオイルを持っているはずなので試してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレンジングオイルは?

おすすめのクレンジングオイルは?

クレンジングオイルを使って脇の黒ずみを解消するに当たり、基本的には自作ではなく市販品を使う形となります。

クレンジングクリームだと洗い流す時に擦らなければならず、デリケートな脇の下にダメージが加わって逆に黒ずみの形成に繋がりやすいので乳化して洗い流せるタイプのオイルがおすすめです。

顔の肌と同じ皮膚でも、脇の下は特にデリケートなので以下の肌に優しい製品を使ってケアしましょう。

FANCLのマイルドクレンジングオイル:無添加なので刺激が少ない
シュウウエムラのビューティクレンジングオイル:保湿成分のセラミドを含んでいる
ビオレのパーフェクトオイル:ウォータープルーフマスカラでもキレイに落とせる

保存料や着色料、防腐剤といった添加物を含まない化粧品であれば肌に優しく、ニキビや吹き出物といったトラブルで悩まされる心配はありません。

脇の黒ずみをクレンジングオイルで解消する際の正しい使い方

化粧品の本来の効果をしっかりと引き出すために、脇の黒ずみをクレンジングオイルで解消する際の正しい使い方を以下ではまとめてみました。

①オイル成分のメイク落としのクレンジング剤を用意する
②お風呂の中に入って脇の下へとクレンジングオイルを塗布する
③クルクルとマッサージするように肌へと馴染ませる
④1分間~2分間程度そのままで放置する
⑤普段から顔に使う洗顔フォームを泡立てて脇の下に乗せる
⑥シャワーを使って洗浄成分が残らないように洗い流して完了

毎日のバスタイムで試せる方法なので非常に簡単ですし、1週間に2回~3回程度のペースで処置を施していれば少しずつ美肌へと変化していきます。

敏感肌の女性は注意が必要!

クレンジングオイルは皮脂や角質が原因の毛穴の目立ちを改善してくれるので、黒ずみケアとして用いる女性は増えました。

しかし、敏感肌の女性は刺激に弱いので積極的におすすめできる方法ではありません。

頻度を守っていれば肌荒れには繋がりにくいものの、クレンジングオイルは本来はメイクを落とすためのアイテムですし、脇の黒ずみ専用の化粧品ではないのです。

  • 肌が赤くなってヒリヒリする
  • 脇の下にニキビや吹き出物ができる
  • 痒くなって掻き毟ってしまう
  • 炎症を起こして腫れ上がる

このような肌トラブルが引き起こされない保証はないので、脇の下やデリケートゾーンの黒ずみを治すために開発されたPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

自宅で簡単に美ワキケアができるエステ級のジェルなので、クレンジングオイルでの洗浄ではなくPule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。

 
>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら
 

 - 脇の黒ずみを化粧品で