脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみとできもの

   

脇の黒ずみだけではなく、患部に形成されるできもので悩んでいるという女性は数多くいらっしゃいます。

恐らく、わき毛の間違った自己処理によって脇の下の皮膚に大きなダメージが加わり、黒ずみとできものの両方が形成されてしまったのではないでしょうか。

脇の下の皮膚は他の部位と比較してデリケートなので、非常に刺激を受けやすいという特徴があるのです。

このできものはニキビというよりも、化膿性汗腺炎(かのうせいかんせんえん)だと考えられます。

毛や汗腺に細菌が付着すると引き起こされるのが化膿性汗腺炎(かのうせいかんせんえん)で、赤く腫れたり痛みが生じたりという症状が特徴です。

膿ができて赤みを伴い、ドーム状に腫れて治ったと思ったら再発してという状態を長期間に渡って繰り返すため、脇の黒ずみよりも厄介だと言えます。

慢性的に繰り返すことによって膿が出るための穴の瘻孔が形成されたり、ケロイド様の瘢痕が生じたりと症状が悪化しやすいので、化膿性汗腺炎が酷くならないうちに皮膚科を受診して治療を受けなければなりません。

脇の黒ずみだけならば自宅でのスキンケアで何とか改善できるかもしれませんが、化膿性汗腺炎のようなできものを伴う皮膚の病気は自宅では治りにくいので、皮膚科の専門医の指示に従って治療を受けなければならないのです。

そこまで症状が進行していなければ、皮膚科で処方される抗菌薬の服用で化膿性汗腺炎を治すことができます。

患部に形成されたできものを取り除き、その後に当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)のようなスキンケア用品を使用し、脇の黒ずみを改善してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、化膿性汗腺炎のようにできものが膿んでいるわけではなく、軽いポツポツのような状態であれば粉瘤(ふんりゅう)の可能性もあります。

白い脂肪の塊が粉瘤(ふんりゅう)で、脇の下の皮膚に刺激を与え続けていると黒ずみとともに形成されることがあるのです。

何かしらの原因で皮膚の表面の細胞が内部に押しやられて毛穴から出られなくなり、皮脂や汗といった老廃物が溜まることでできものが形成されます。

粉瘤(ふんりゅう)を放置しているとだんだんと大きくなりますし、化膿して赤く腫れ上がって痛みを感じることもあるため、皮膚科を受診して専門医に症状を診てもらわなければならないという点では一緒です。

「放置していれば自然と回復するだろう」という考えはやめた方が良いかもしれません。

脇の黒ずみだけならばまだしも、できものが形成されているということは皮膚が異常な状態に陥っていることを指しているので、専門医の指示に従うようにしてください。

 - 脇の黒ずみと関係のある症状