脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

肌の炎症や赤みで起こる脇の黒ずみ

      2016/09/05

肌の炎症や赤みで脇の黒ずみは引き起こされる?

肌の炎症や赤みで脇の黒ずみは引き起こされる?

脇の黒ずみは基本的に毛穴の中に汚れが詰まることで生じると考えられていますが、肌の炎症によって引き起こされる場合もあります。

特に、カミソリや毛抜きを使ってムダ毛の処理を行っていると肌にダメージが蓄積し、赤みが酷くなって炎症へと発展し、その刺激から守るためにメラニン色素が発生するのです。

このメラニン色素が肌へと沈着することで脇の黒ずみを引き起こすため、肌の炎症や赤みと深く関わっていることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

私たちの脇の下の皮膚は薄い表皮と真皮の二重構造となっており、カミソリによる脱毛で薄い表面の皮膚を傷付けてしまいます。

毛抜きの使用でも直接的に毛穴にダメージが加わりますし、黴菌が中に入り込んで炎症を加速させるケースも決して少なくありません。

このように、カミソリや毛抜きによる間違ったムダ毛の自己処理は、脇の黒ずみだけではなくありとあらゆる肌トラブルの要因になるため、正しい方法で処理しなければならないのです。

慢性的にかぶれや炎症を繰り返す状態は厄介ですし、ステロイドが含まれた薬に頼らなければならない状態になれば、回復までにかなりの時間を要します。

そこで、肌の赤みや炎症といったトラブルを避けるためにも、ムダ毛の処理を行う場合は除毛剤を最初に塗布し、肌に比較的優しい電気シェーバーの使用がおすすめです。

綺麗に脱毛できるブラジリアンワックスのようなグッズも近年では人気を得ました。

しかし、海外では当たり前のように使われているブラジリアンワックスには以下のようなデメリットがあります。

・剥がす際に強い痛みを伴う(アンダーヘアの脱毛は特に痛い)
・医療機関で実施されている永久脱毛のような効果はない
・ワックスの力で無理矢理引っこ抜くので肌荒れのリスクがある
・5mm程度のムダ毛を伸ばさなければ効果がない

その点、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)は脇の黒ずみのケアとして開発され、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムも含まれているので是非一度使ってみてください。

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

脇の下の炎症にはアイスパックや氷による冷却がおすすめ!

間違った自己処理によって脇の下の炎症が引き起こされてしまったら、応急処置としてアイスパックや氷で冷やすのがおすすめです。

症状が軽ければ1日冷やすことで患部の赤みが引いてきて、肌トラブルを未然に予防することができます。

 

それでも炎症が強い場合は・・・

あまりにも炎症が酷いのであればステロイドが含まれた薬を医師から処方してもらうのが良いものの、長期間に渡る使用によって脇の黒ずみを作ってしまうので十分に注意しなければなりません。

炎症がおさまった後に肌がガサガサの状態になっているのであれば、ホホバオイルや馬油を使用して患部を保湿するというケアも実に適しております。

脇の下の皮膚は身体の至る部分と比較してデリケートで、些細な刺激でも赤みや炎症といったトラブルを引き起こすという特徴があるのです。

もし、炎症が悪化して患部が化膿しているのであれば、素人の判断で対処するのは少々危険なので、皮膚科を受診して細菌を消滅させられる抗菌薬を処方してもらってください。

 - 脇の黒ずみと関係のある症状