脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと服・シャツ

   

脇の下の皮膚に生じる黒ずみだけではなく、Yシャツといった服に付着する黄ばみや黒ずみといった症状で悩んでいる方は多いはずです。

特に、夏場の暑い季節には汗をかきやすく、脇の下は汗腺の働きが活発な部位の一つということで、白いシャツや服に黄ばみが生じるケースは少なくありません。

そもそも、汗が出る汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、前者は99%水分で形成されているのに対して、後者はタンパク質や脂質といった成分が混じっているという特徴があります。

アポクリン汗腺からは水分以外の成分が混じった汗が分泌され、その中に含まれているリポフスチンの量が多いと服の黄ばみに繋がるというメカニズムです。

もちろん、リポフスチンの量と脇の皮膚に引き起こされる黒ずみには大きな関係性はありませんし、綺麗な脇の下を維持できている人でもシャツの黄ばみが生じることは十分にあり得ます。

人間の汗腺の構造上、これは致し方のないことなので、普段の洗濯でYシャツといった服に形成された黒ずみや黄ばみを落とさなければならないのです。

汗腺から分泌される皮脂が原因で引き起こされるのが「黄ばみ」、皮脂の上にホコリなど汚れが溜まって引き起こされるのが「黒ずみ」で、どちらも普通に洗濯しただけでは落ちない頑固な汚れとなっております。

そこで、脇の下の汚れている部位に台所洗剤をかけ、歯ブラシなどで優しく擦った後に漂白剤に浸け、通常通り洗濯機に入れて洗っていきましょう。

洗濯用洗剤だけでは頑固な黒ずみや黄ばみを落とせなくても、漂白剤を駆使すればYシャツを真っ白な状態へと導くことができます。

ただし、色物の服に台所洗剤をかけすぎて歯ブラシでゴシゴシと力を入れて擦っていると、色落ちの原因となるので十分に注意しなければなりません。

以下の方法でもシャツの黒ずみを落とせないのであれば、過酸化水素水という成分が配合された酸素系漂白剤と重曹を混ぜ合わせ、ペーストを作って汚れの部分に塗布していきます。

ペーストを塗った部分にアイロンをスチームにして当てたり、ドライヤーの熱風を当てたりと熱を持たせ、その後に洗濯機に入れて洗うことで頑固な汚れを除去できるのです。

買ったばかりの服が汚れてしまうのはショックなことなので、黒ずみを除去するためにも洗い方を見直してみてはいかがでしょうか。

とは言え、衣服の洗い方を見直すだけではなく、脇の下に形成された黒ずみの対処も同時に行う必要があります。

脇の下に洗剤や漂白剤を直接塗布することはできませんし、肌荒れの大きな原因となるので美白成分が含まれたジェルのPule Pearl(ピューレパール)を使用し、綺麗な肌を維持できるように努力してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと関係のある症状