脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみは歯磨き粉で治せる?

      2016/10/09

脇の黒ずみは歯磨き粉で治せるの?

脇の黒ずみは歯磨き粉で治せるの?
研磨作用のある歯磨き粉を利用して脇の黒ずみを治せるのではないかと考えている女性はいらっしゃいます。

確かに、歯磨き粉は歯の汚れを落とす力を持っておりますし、歯ブラシを使って脇の下をゴシゴシと擦れば黒ずみが解消されると考えるかもしれません。

しかし、この方法は脇の下の皮膚にダメージが加わり、メラニン色素が沈着して余計に黒ずみの症状が酷くなるかもしれないので絶対に避けるべきです。

歯磨き粉は歯に付着した汚れや歯垢を落とすためのグッズで、皮膚に使用するものではないと心得ておく必要があります。

研磨作用を利用して脇の黒ずみを解消したいのであれば、歯磨き粉ではなくドラッグストアなどで販売されている重曹がおすすめです。

キッチンの油汚れや鍋の焦げといった汚れを浮かせて取り除いてくれるのが重曹で、これをボディソープなどに加えて脇の下を洗っていきます。

毛穴に詰まった汚れや角質を綺麗に落とせるので脇の黒ずみの解消に繋がりますし、古い角質を除去できれば肌のターンオーバーを促すこともできるのです。

ただし、洗浄力が高くスクラブ効果があるものの、その分肌に加わる刺激は強くなるため、重曹を使ったケアは1週間に1回程度に留めておいた方が良いでしょう。

1週間に1回でも肌質が弱い女性にとっては大きな刺激となるため、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)の使用をおすすめします。

Pule Pearl(ピューレパール)であれば無理に角質や汚れを取り除くわけではなく、刺激を与えずに脇の黒ずみを解消して美肌へと導いてくれるので、是非一度使ってみてください。

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

歯ブラシを使って衣服の黄ばみの除去は可能

上記でもご説明したように、歯磨き粉を使って脇の黒ずみを取り除くことはできないものの、歯ブラシで服に付着した黄ばみを除去することはできます。

脇の黒ずみと同じように、衣服に付着した黄ばみで悩んでいる女性は意外と多く、通常の洗濯で落ちないケースも多いかもしれません。

そんな時に、台所用洗剤を黄ばみが生じている部分に塗布し、歯ブラシを使って表面を優しく擦ることで汚れが浮き上がり、本来の白さを取り戻してくれます。

このような方法でも落ちない頑固な黄ばみであれば、40℃から50℃程度のお湯に漂白剤を溶かして30分間ほど浸し、その後に普段と同じように洗濯機で洗うのがおすすめです。

皮脂汚れをそのまま放置していると臭いの悪化にも繋がりやすく、当然のように見た目のイメージも悪化するので洗濯方法を見直してみましょう。

ただし、以上のような方法は白いYシャツといった衣服限定で、色物や柄物に使用すると色落ちするかもしれないので十分に気を付けてください。

 - 脇の黒ずみに関するFAQ