脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみを皮膚科で治そう

      2015/07/19

脇の黒ずみを皮膚科のレーザー治療で治そう

脇の黒ずみの手術というページでも説明致しましたが、脇の黒ずみは皮膚科で実施されているレーザー治療で治すことができます。

自宅でスキンケア用品を使用していても、思うような改善効果が出ないケースは多いかもしれません。

特に、頑固な色素沈着で悩まされていると改善まで時間がかかりますし、何も効果が得られなければ続けていくのに不安を感じるはずです。

そんな時におすすめなのが皮膚科で実施されているレーザー治療で、光を肌へと直接照射して黒ずみやくすみといった肌トラブルを改善していきます。

肌に余計な刺激を加えることなく蓄積したメラニンを除去していくレーザートーニングや、皮膚の真皮層に熱ダメージを与えて古い肌を新しい肌へと張り替えていくフラクセルレーザーなど、皮膚科によって取り入れられている治療は大きく異なるはずです。

どんな方法でもメスを使って皮膚を切開するような負担のかかる治療ではありませんし、1回の治療では大きな脇の黒ずみの改善効果が得られないとしても、回数を重ねることでみずみずしい肌へと生まれ変わらせることができるでしょう。

とは言え、一時的な肌へのダメージの治癒力を促すことができますが、美容皮膚科で実施されているレーザー治療は保険が適用されないので高額な費用がかかります。

10回に渡る照射で40万円を超えるケースもありますし、金銭的な負担を抑えたいのならば最初に当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)の使用がおすすめです。

定期コースに加入すれば1ヶ月当たり4,750円と格安ですし、何よりも自宅で脇の黒ずみを取り除く処置が施せるので、是非一度Pule Pearl(ピューレパール)を試してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

脇の黒ずみを皮膚科の薬による治療で改善しよう

レーザー治療は金銭的な負担が大きいということで、皮膚科の薬で脇の黒ずみを治療するのは選択肢の一つとなっております。

多くの場合、脇の黒ずみを治すために美容皮膚科へと出向き、いきなり医師からレーザー治療を勧められることはありません。

個人の脇の黒ずみの症状によって異なるので一概には説明できないものの、そこまで色素沈着の症状が悪化していないのであれば、薬の使用でも十分に改善できます。

皮膚科で処方されている薬がハイドロキノンクリームやトレチノインクリームで、どちらも黒ずみやくすみの除去として最適です。

ハイドロキノンクリーム:メラニン沈着治療では最も一般的で高い美白効果が得られる
トレチノインクリーム:肌の生まれ変わりを促してメラニン色素の体外への排出を促す

皮膚科での薬の治療で確実に脇の黒ずみを改善できるというわけではありません。

それでも、化粧水や美容液といった市販の化粧品と比較すれば大きな効果が得られますし、皮膚科で治療すれば脇の黒ずみを引き起こさないような生活習慣に関するアドバイスも貰えるはずです。

ただし、間違った薬の使い方をしていると肌トラブルを引き起こす大きな原因となるため、用法と用量に関する詳しい説明をきちんと受けておきましょう。

 - 脇の黒ずみを病院で