脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみを保湿で治そう

      2016/06/26

脇の黒ずみを治す上で欠かせないと言われているのが、「肌の保湿」「バリア機能の強化」「ターンオーバーの促進」です。

この中でも、肌の保湿は想像以上に大事で、潤いを与えて乾燥を防ぐことによって失われていた肌の機能を高めてくれます。

脇の黒ずみを引き起こしている女性は、間違ったムダ毛の自己処理によって肌力が失われているケースが多く、乾燥した状態が続いていればいつまで経っても脇の黒ずみを治すことはできないのです。

そこで、ビタミンCやヒアルロン酸など、保湿成分がたっぷりと含まれたクリームやジェルを使用することで、肌のバリア機能を高めて生まれ変わりのターンオーバーも促進できます。

つまり、肌の保湿をスキンケアで徹底するだけで、「バリア機能の強化」と「ターンオーバーの促進」の両方の効果を得られ、メラニン色素を体外へと排出する作用が高まれば脇の黒ずみは自然と消えていくでしょう。

保湿と聞いてドラッグストアで販売されているようなクリームをイメージする女性は多いものの、肌の上に皮脂膜を作っているだけでは直ぐに水分は蒸発してしまいます。

一時的な作用では意味がありませんし、本当の意味での保湿には繋がらないので、美容成分や保湿成分がきちんと配合されているかが重要なのです。

そこで、脇の黒ずみで悩む女性には、上質な潤いを肌に与えられるヒアルロン酸やプラセンタが含まれたPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

分厚い角質でもスーっと浸透できるように独自技術で成分をナノ化しているので、Pule Pearl(ピューレパール)で保湿しながら脇の黒ずみを解消してください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、乾燥肌で悩まされている女性は、間違ったスキンケアが引き金となっているかもしれません。

特に、脇の黒ずみが引き起こされていると、毛穴の中の汚れを除去しようと、ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗いがちです。

しかし、「擦りすぎ」「洗いすぎ」という2つの方法によって天然の保湿剤である細胞間脂質やNMFを洗い流してしまっている可能性が高く、結果的に肌が乾燥してしまいます。

細胞間脂質やNMFが洗い流されてしまえば、肌の水分保持力は弱まるため、顔の洗顔と同じように脇の黒ずみを対策する場合も脇の下を優しく洗うように心掛けるべきです。

必ずしも脇の黒ずみに繋がるわけではありませんが、肌の乾燥によってバリア機能が低下しやすく、ニキビや吹き出物の形成に繋がりやすいので注意しなければなりません。

また、洗浄力の強い成分が含まれたボディーソープの使用も肌の乾燥が引き起こされ、保湿とは逆の状況を作ってしまうため天然成分が含まれた石鹸などを使った方が良いでしょう。

以上のように、肌が乾燥して脇の黒ずみが引き起こされている原因が普段の生活に隠れていることもあるため、肌への刺激を促していないかどうかチェックしてみてください。

 - 脇の黒ずみの対策・ケア