脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみとハイドロキノン

   

脇の黒ずみを治す治療として効果的だと考えられているのがハイドロキノンで、メラニン色素の働きを抑制する物質です。

肌の漂白剤とも呼ばれる強力な作用を持つ成分となっており、その作用から脇の黒ずみだけではなく乳首やデリケートゾーンの黒ずみの解消にも役立ちます。

メラニン色素を作っているメラノサイトそのものを減少させる効果がハイドロキノンにはあり、その美白効果は何とビタミンCやプラセンタの約10倍~100倍なのです。

ビタミンCやプラセンタの美白効果が高いのは女性にとって周知の事実ですし、ハイドロキノンはそれを超える作用を持ち合わせているからこそ脇の黒ずみの治療として注目を集めているのかもしれません。

ハイドロキノンを使用するには医師の処方箋が必要なものの、強力な美白作用によって頑固な脇の黒ずみで悩んでいる女性でも比較的短期間で効果が実感できます。

既に肌に形成された黒ずみを除去するという嬉しい効果があり、ビタミンA誘導体のトレチノインを併用した治療であれば下記のような作用も得られるのです。

・シミやシワの改善
・いちご鼻の改善
・ニキビの予防
・たるみ毛穴の改善
・肌のくすみの改善
・ニキビ跡の除去

このように、ハイドロキノンは肌トラブルを解消する効果を持ち合わせており、脇の黒ずみのサポートをしてくれます。

メラニンを作っている根本のメラノサイトも同時に減少させるということで、今後発生するであろう黒ずみの予防も可能です。

ただし、現在では個人輸入代行業者でハイドロキノンを入手し、自己判断で脇の黒ずみの治療ができるようになったものの、濃度が高いハイドロキノンを使う場合は注意が必要となります。

個人輸入代行業者が取り扱っているのは5%~10%の濃度のハイドロキノンで、厚生労働省では2%以下が推奨されているのです。

濃度の高いハイドロキノンを使用したり、自分の肌質に合わないまま長期間に渡って塗布していたりすると、以下のような副作用が引き起こされます。

・塗布した部分にヒリヒリ感や痒みが生じる
・刺激の強い成分なので炎症を起こして肌荒れのリスクが増す
・高濃度を使い続けると白い斑点の白斑が形成される
・使用部分が太陽の紫外線に当たると黒くなる
・シミやそばかすの悪化に繋がる

上記のような副作用がある医薬品ですし、脇の下の皮膚は想像以上にデリケートなので、肌トラブルが引き起こされやすいかもしれません。

劣化が早い成分なので使用期限を守らなかったり、用法や用量が間違ったりしていると、本来の効果を得るどころか副作用のリスクを高める結果になります。

そのため、ハイドロキノン治療で脇の黒ずみを治すのであれば、医師の指示に従って使用しなければならないのです。

もし、そこまで脇の黒ずみの症状が悪化していないのであれば、当サイトでご紹介している美容ジェルのPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

ハイドロキノンのように副作用のリスクがある医薬品ではないので、Pule Pearl(ピューレパール)で症状を和らげられるように努力してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと関係のある成分