脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみは一週間という短期間で治るの?

   

バーベキューや海水浴といったイベントは夏場では定番ですし、女性であれば可愛い水着を着たいという気持ちがあるはずです。

しかし、脇の黒ずみが生じていることで水着の種類も限られてしまい、一週間という短期間で治したいと考えている女性はいらっしゃいます。

脇の黒ずみを中心とする肌トラブルは見た目に大きな悪影響を及ぼしますし、短期間で少しでも症状を回復させたいと誰もがおもうはずです。

とは言え、色素沈着は一度形成されると治りにくいという特徴があるため、一週間ではどうにもできないかもしれません。

「化粧水と乳液をたっぷりとつけて保湿する」「顔のケアと同じようにパックする」「レモンの果汁でピーリングを行う」という自宅でのセルフケアの方法が現在では流行っております。

どれでも脇の黒ずみの解消として最適な方法ですし、手軽に自宅で行えるのが大きなメリットです。

それでも、劇的に症状を回復できるような方法ではありませんし、個人の肌質によっては一週間という短期間では変化を得られないと頭に入れておいた方が良いでしょう。

特に、脇の黒ずみが悪化して医療機関でレーザートーニング治療を受ける場合、6回から10回程度に渡って施術を受ける必要があります。

つまり、脇の黒ずみは短期間で回復させる症状ではなく、時間をかけてゆっくりとケアをしていくことが大事なのです。

当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)も、脇の黒ずみを回復させるまでには時間がかかります。

そのため、水着を着用するイベントが始まる前からPule Pearl(ピューレパール)を使い、脇の下の念入りなケアを行うようにしてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、上記でもご説明したように、本来であれば水着など脇の下を露出しなければならないようなイベントに備えて、数ヶ月前から黒ずみを解消するスキンケアを行うべきです。

一週間といった短い期間で行えることは限られているため、少しずつ黒ずみのない理想の肌へと導いていくのが大事だと言えます。

それでも、短期間で何とかしなければならない状況はあるかもしれないので、そのような女性にはピーリングとハイドロキノンがおすすめです。

ピーリングによる対策:古くなった角質を取り除いて肌の新陳代謝を促し、皮脂や汚れによる毛穴の詰まりを改善して黒ずみを解消する

ハイドロキノンの塗布:メラニン色素を取り除くのに効果的な成分だと言われており、既に沈着している場合にも美白効果を得られる

上記の2つの方法は他のセルフケアと比べて得られる効果が高いと考えられており、脇の黒ずみの症状が進行した女性でも短期間で回復できるかもしれません。

皮膚科でのレーザー治療のような効果を得られるわけではありませんが、化粧品の使用と比較すればピーリングとハイドロキノンを利用すれば美肌の維持に繋がります。

しかし、皮膚への負担もそれなりに高い方法なので、できる限り専門医の指示に従って処置を受けるようにしてください。

 - 脇の黒ずみに関するFAQ