脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

自己処理が原因の脇の黒ずみ

      2016/04/16

毛抜きやカミソリが原因の脇の黒ずみというページで説明した内容と少々被りますが、間違ったわき毛の自己処理が原因で脇の黒ずみが引き起こされるケースが非常に多くなっております。

ムダ毛を処理しないというのは女性にとって無理がありますし、「恥ずかしい」「周囲の人に見られたくない」という気持ちになるはずです。

しかし、わき毛の自己処理は想像以上に肌への負荷が大きくなっており、そのダメージから身を守るために防衛反応が働き、メラニンの活動が活発になります。

このメラニン色素が脇の下に沈着することで黒ずみを招いてしまうため、間違った自己処理は避けるべきだと言われているのではないでしょうか。

その自己処理の方法としては以下が挙げられます。

・カミソリを使用してわき毛を剃る行為
・毛抜きを使ってわき毛を抜く行為

上記の2つが代表的な間違った自己処理で、色素沈着や毛穴のポツポツといった肌トラブルを引き起こします。

①カミソリや毛抜きを使ってわき毛を自己処理する
②メラノサイトと呼ばれる細胞が刺激される
③黒いメラニン色素が発生しやすくなる
④脇の下に蓄積して角質が分厚くなる
⑤洗っても落ちにくい脇の黒ずみに繋がる

上記のような流れで脇の黒ずみが発生するため、間違った自己処理が原因になりやすいことがお分かり頂けるかもしれません。

カミソリはムダ毛だけではなく表面の角質層も一緒に削ってしまいますし、剃った時に毛と一緒に発生する白い粉のようなものが削られた角質です。

毛抜きも同じで抜いた瞬間のダメージは想像以上に大きく、毛穴が広がって雑菌が中に侵入して炎症や化膿といったトラブルを引き起こすという危険性もあります。

「紫外線や摩擦による刺激」や「肌の乾燥による刺激」も脇の黒ずみの原因になり得ますが、最も多いのはムダ毛の自己処理と言っても過言ではないでしょう。

そこで、スキンケアに費やせるお金が多少はある女性は、美容サロンでの脱毛や家庭用のレーザー脱毛器を使用してわき毛の自己処理を行うべきです。

一切の刺激が加わらないというわけではありませんが、エムロックの「ケノン」やトリア・ビューティー・ジャパンの「トリア」といった家庭用のレーザー脱毛器を使用すれば、ダメージを軽減して脇の黒ずみの予防に繋がります。

お金がないという女性は、以下のような方法でわき毛の自己処理を行うようにしてください。

①ムダ毛が気になる部分に脱毛クリームを塗布する
②ヘラを使用して満遍なく伸ばして肌の滑りを良くする
③電気シェーバーを使って丁寧に剃る
④冷却シェルを使用して脇の下を冷やす
⑤保湿クリームを最後に塗布して脇の下に潤いを与える

もちろん、正しい方法でわき毛の自己処理を行っていても既に形成された黒ずみを解消するのは難しいので、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

美容成分を肌へと与えながら脇の黒ずみを根本的に解消してくれるスキンケア用品なので、Pule Pearl(ピューレパール)の公式HPで詳細をチェックしてみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみの原因