脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

女性の脇の黒ずみ

   

女性特有の症状とも言えるのが脇の黒ずみで、入浴中や着替えている時に他の部位と比べて、「ちょっと黒いかも」と気になった女性は多いはずです。

脇の下は他の皮膚よりもダメージを受けやすく、間違ったムダ毛の自己処理などが原因でメラニンが蓄積されて黒ずみを引き起こすというメカニズムになっております。

脇の黒ずみは一度形成されると中々治りにくく、「海やプールに行けない」「ノースリーブの服が着れない」「色白だから脇の下が目立つ」と悩みを抱えている女性は少なくありません。

脇の下は頻繁に周囲の人間に見られる部位というわけではありませんが、夏場になって薄着を着用する機会が多くなれば、当然のように周囲の人の目に止まる可能性はあります。

そこで、脇の黒ずみを予防するためにも、カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理をやめて、肌に負担が加わらないように施さなければならないのです。

もちろん、女性にとってムダ毛の処理はエチケットの一つですし、ボーボーの状態で良いとは思わないはずなので、処理の方法を見直してみましょう。

自己処理をするにしても、刺激の少ない電気シェーバーを使ったり保湿クリームを使用したりすれば、刺激を多少なりとも減らせます。

医療機関で実施されている脱毛を利用すれば、肌に負担をかけることなくわき毛の処理ができるので、黒ずみで悩んでいる女性におすすめです。

既に脇の下に黒ずみが形成され、毎日念入りに洗っても落とせないと悩んでいる女性には、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

脇の下はもちろんのこと、ビキニラインや二の腕など、全身のありとあらゆる黒ずみケアができる女性のための美容ジェルなのです。

2015年のモンドセレクションで銀賞に輝いた確かな品質を誇る化粧品なので、Pule Pearl(ピューレパール)を使ったケアを始めてみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、脇の黒ずみを防ぎたいと考えている女性は、脇の下に加わるダメージだけではなく、乾燥や摩擦を防ぐ対策も同時に行わなければなりません。

肌の乾燥・・・ターンオーバーが乱れて古い角質が剥がれ落ちにくくなる
肌の摩擦・・・デリケートな部位なので服や下着との摩擦でダメージを受けやすい

上記のような理由で脇の黒ずみの症状が悪化しやすいため、肌の乾燥を避けるために保湿を行って潤いを与え、肌の摩擦を避けるために衣類の素材にも注意が必要となります。

脇の下は汗をかきやすい部位なので、乾燥とは特に関係性がないと考える女性は多いはずです。

しかし、見た目は普通でも肌の内部が乾燥しているインナードライ肌で悩んでいる女性ほど、脇の黒ずみを引き起こしやすいと言われているので、毎日のスキンケアでたっぷりの潤いを与える努力をした方が良いのではないでしょうか。

脇の黒ずみは病気というわけではないので、絶対に治さなければならないというわけではありません。

それでも、少しでも美しい肌を維持したいと考えているのであれば、毎日のスキンケアや生活習慣の見直しを行ってみてください。

 - 脇の黒ずみと年齢・性別