脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみを重曹で治そう

      2016/06/25

脇の黒ずみに効果的な重曹について

juusou

脇の黒ずみのケアとして効果的だと言われているのが重曹で、実際に試してみた女性は多いかもしれません。

炭酸ナトリウムの白い粉が重曹で、ベーキングパウダーとも呼ばれております。

重曹には穏やかなスクラブ効果を持ち合わせているため、毛穴に汚れや皮脂が詰まって形成された脇の黒ずみの対策グッズとして最適だと考えられているのです。

その刺激によって肌の新陳代謝が促されてターンオーバーが正常に戻り、肌のコンディションアップといった効果も得られます。

敏感肌の女性は重曹の使用には注意が必要なものの、食品添加物や温泉の成分として入浴剤に使われているため、身体への悪影響はほとんどないと言っても良いでしょう。

研磨力はクレンザー代わりに掃除に使用されるほど強く、角質や皮脂汚れを効果的に落としてくれるため、美容サロンでのピーリングのような作用も得られます。

脇の黒ずみやニキビといった肌荒れで悩んでいる女性は、以下のような使い方で重曹によるケアを行ってみましょう。

・脇の下に重曹を擦り込んで洗い流す
・重曹を水で湿らせてペースト状にして塗布する
・オリーブオイルに重曹を溶いて小鼻や肘などに塗布する
・湯船の中に入浴剤の代わりに重曹を入れて入浴する
・洗顔フォームや石鹸の中に重曹を入れて洗う
・ネイル前のハンドバスやフットバスなどに利用する

重曹で脇の黒ずみケアを行う頻度について

除菌や消臭として重曹は大きな効果を発揮し、脇の黒ずみケアとしても現在では用いられるようになりました。

しかし、重曹は人間の肌と同じ弱アルカリ性で洗浄成分が高いため、あまりにもケアの頻度が多いと肌の潤いが失われる原因となります。

肌に潤いがなくなって乾燥すれば当然のようにダメージを受けますし、頻度が多すぎることが原因で逆に脇の黒ずみの症状が悪化するかもしれません。

余分な角質を取り除くのが大きなメリットでも、その分肌に対する刺激はそこそこ強いので、1ヶ月に1回から2回の頻度がベストだと考えられております。

高い研磨作用によって肌が短期間でピカピカの状態になるケースも多く、女性の中には喜んで毎日のように脇の下に重曹を塗り込むようなスキンケアを行っている人がいるはずです。

お手入れをした後に重曹が残っていれば毛穴の中に詰まるリスクが増しますし、皮膚を守っている角質まで溶かせば当然のようにダメージが加わるので、どの部位に使用する場合も頻度には注意した方が良いでしょう。

特に、初めて重曹を使って脇の黒ずみのケアを行う女性は、自分の肌質と合うかどうか分からないので、最初は少量から試すようにしてください。

重曹で脇の黒ずみケアを行った女性の口コミをチェックしよう

以下では、重曹で脇の黒ずみケアを行った女性の口コミをご紹介しているので一度チェックしておきましょう。

・クレンザー代わりとして使われるだけあって研磨作用はかなり高い
・ピーリング石鹸よりも肌への刺激が少ないから使いやすいと思う
・食用のベーキングソーダは安いしコスパの良い脇の黒ずみの解消法だと感じた
・ヒリヒリとした痛みや痒みはなかったから自分の肌質には合っていたみたい

 - 脇の黒ずみの対策・ケア