脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の「黒ずみ」と「かゆみ」…関係性はある?

      2016/08/14

脇の黒ずみとかゆみに関係性はあるの?

脇の黒ずみとかゆみに関係性はあるの?

脇の黒ずみと脇の下のかゆみは一見関係がなさそうに見えるかもしれません。

「かゆみが黒ずみの原因」というわけではないものの、この2つの肌トラブルの原因は似ています。

同じような原因で毛穴がポツポツとしたりカサカサと痒くなったりしやすく、何が引き金となるのか以下では幾つか挙げてみました。

 

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の処理

女性ならばエチケットの一つとしてムダ毛の処理は必須ですし、脇の下は重点的に行う部位の一つとなっています。

しかし、間違った方法で処理していると脇の黒ずみやかゆみの原因になりやすいのです。

  • カミソリで剃ったり毛抜きで引き抜いたりと肌へとダメージを与えている
  • カミソリや電気シェーバーの刃の状態が良くない
  • ムダ毛を処理した後に保湿ケアをしっかりと行っていない

敏感肌や乾燥肌の人ほど肌が弱く、特にカミソリや毛抜きによるダメージは大きいので注意しなければなりません。

カミソリ負けして肌の角質層が傷付けられればヒリヒリしてかゆみが酷くなり、炎症が起こればメラニン色素が蓄積しやすくなって黒ずんでいきます。

 

アトピー性皮膚炎による乾燥

子供の頃からアトピー性皮膚炎を発症している人は肌が乾燥し、かゆみが引き起こされるのは日常茶飯事です。

ただの乾燥肌とは違ってアトピー性皮膚炎はかゆみや肌荒れが酷くなりやすく、我慢できずに掻き毟れば肌への刺激でメラニン色素が沈着して黒ずみが形成されるメカニズムとなります。

アトピー性皮膚炎の完治は難しく、良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚の病気なので放置せずに病院を受診して正しい治療を行った方が良いでしょう。

  • 炎症を抑えるために刺激を減らすスキンケアを行う
  • 免疫反応を抑えるステロイド外用薬や免疫抑制外用薬を塗布する
  • 抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用する

個人の症状によって適した医薬品は大きく異なるので、脇の下のかゆみと黒ずみの両方を予防するために専門医へと相談してみてください。

 

制汗剤スプレーの使用

夏場は汗をかいて臭いが酷くなりやすいので、男性にとっても女性にとっても制汗剤スプレーは欠かせないグッズとなっています。

パウダーによって汗腺にフタをして流れ出る汗を抑えられるのですが、あまりにも使い過ぎていると配合されている成分でアレルギー反応を引き起こしやすいので注意が必要です。

その結果、かゆみや黒ずみといった肌トラブルに繋がりやすく、制汗剤スプレーの多用はできる限り避けましょう。

 

脇の黒ずみとかゆみに良いPule Pearl(ピューレパール)

脇の黒ずみとかゆみに良い化粧品が当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)です。

  • 黒ずみを抑える美白成分が含まれている
  • 肌のバリア機能を整える保湿成分が含まれている

2種類の美容成分がバランス良く配合されているジェルなので、美肌を維持するためにもPule Pearl(ピューレパール)を毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと関係のある症状