脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみを化粧水で治そう

   

keshousui

脇の黒ずみを予防するために、肌へと潤いを与える化粧水やローションの使用は実に適しております。

脇の黒ずみを直接的に治すことができないとしても、肌の乾燥によって引き起こされるダメージは大きく、シミやシワを防ぐためにも化粧水が大活躍するのです。

脇の黒ずみの原因として最も多いのがメラニン色素の沈着で、肌が何かしらの刺激を受けた時に発生すると考えられております。

脇の下はカミソリや毛抜きによるムダ毛処理、そして衣類の摩擦など物理的な刺激を受けやすく、ダメージが繰り返されることで色素沈着が進んでいくのです。

そんな時に美白化粧水や保湿化粧水を使用すれば、外部刺激から脇の下の皮膚を守ってくれるため、肌力の向上にも繋がるのではないでしょうか。

それに、化粧水は単純に肌を保湿する効果だけではなく、キメを整えたり栄養を与えたりという効能も持ち合わせております。

肌へと行き渡る栄養が不足していれば当然のように回復は遅くなるため、生まれ変わりのターンオーバーが乱れて古くなった角質が剥がれにくくなり、結果的に脇の黒ずみへと発展していくのです。

ただし、化粧水を脇の下に塗布していれば良いわけではなく、3分間程度が経過するとかなりの美容成分や保湿成分が蒸発してしまうため、直ぐに乳液や美容液といった化粧品でフタをしなければなりません。

コスメアイテムは一つで何役も担っているわけではなく、時と場合に応じて併用することにより、相乗効果が期待できるというわけです。

とは言え、既に脇の黒ずみが形成されている状態では、化粧水と乳液の使用で症状の回復を見込めないかもしれないので、黒ずみ対策に特化したPule Pearl(ピューレパール)を毎日の生活の中に取り入れてみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、化粧水を使って脇の黒ずみを予防する場合、今まで顔に使っていた製品でも特に問題はありません。

顔でも脇の下でも同じ皮膚ということに変わりありませんし、デリケートな顔に使用できている化粧水であれば、脇の下に使用してトラブルが引き起こされることはないはずです。

肌にとっての大敵は乾燥ですし、保湿ケアを怠っていてはいつまで経っても脇の黒ずみは解消されないので、自分の肌質に合う化粧水を使っていきましょう。

個人の肌質によって異なるものの、以下のような化粧水は敏感肌や乾燥肌の女性には適さないと考えられております。

・皮脂を奪いすぎる
・アルコール成分を含んでいる
・10代向けの化粧水

皮脂を奪いすぎる化粧水の使用により、肌は更に皮脂を分泌しようと働き、ニキビや吹き出物といった肌トラブルに繋がるので注意が必要となります。

10代の思春期向けの化粧水は皮脂を抑えて殺菌する成分で作られているので大人は避けた方が良いですし、アルコール成分を含む製品もバリア機能を低下させる要因となるので注意が必要です。

 - 脇の黒ずみを化粧品で