脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをレーザーで治そう

   

脇の黒ずみの治療というページでも説明致しましたが、医療機関でレーザー治療を受けるのも脇の黒ずみを解消する方法の一つとなっております。

ボディQYAGトーニングやレーザーホワイトニング、レーザートーニングなどクリニックによって呼び方が異なるものの、光を照射して白い肌を目指していくという点では一緒です。

ムダ毛の脱毛処置をしっかりと行っていても、脇の黒ずみが引き起こされている状態であれば確実に肌の美しさは半減します。

間違った自己処理によって脇の黒ずみが肌に生じ、脇の下をボディソープでゴシゴシと洗っても落ちないケースが多いため、医療機関ではレーザーホワイトニングのような治療が実施されているのです。

どのクリニックでもレーザー治療は保険が適用されませんし、複数回に渡って照射しなければならないため、ある程度高い費用がかかります。

それでも、脇の黒ずみだけではなく、乳輪の黒ずみや怪我の痕の色素沈着といった症状にも効き目があり、レーザー治療ではダウンタイムなく改善できるのです。

下記のような女性は、クリニックでレーザーホワイトニング治療を受けてみてはいかがでしょうか。

・手術以外の方法で脇の黒ずみを解消したい
・脱毛治療を受けた後の黒ずみが気になる
・ナプキンかぶれによる黒ずみを治したい
・下着の擦れによって生じた黒ずみを治したい
・塗り薬の使用で大きな効果を得られなかった

脇の下だけではなく、VラインやIラインといった場所も黒ずみで悩まされやすく、美容を損ねる大きな原因となります。

自宅での治療で頑固な黒ずみを回復させるのは少々難しいため、病院でレーザー治療を受けるのは選択肢の一つというわけです。

また、永久脱毛の方法としてサロンやクリニックでレーザー脱毛を受けるのも、脇の黒ずみを予防するための方法の一つとなっております。

カミソリや毛抜きによる間違ったわき毛の自己処理によって黒ずみが発生しているケースは多いため、肌への刺激を防ぐためにレーザー脱毛を受けるのです。

クリニックによっては光フラッシュ脱毛なども実施されており、自分でムダ毛の処理を行うよりも刺激を抑えられることは間違いありません。

レーザーはメラニン色素にだけ反応するように作られており、肌に照射することでムダ毛と毛根部分にだけ作用してくれます。

つまり、ピンポイントで毛根にダメージを与えられますし、レーザー脱毛では肌への刺激を抑えられるというわけです。

ただし、黒い色素に反応する性質があり、既に沈着した黒ずみが形成されている場合は肌にとって大きな刺激となってレーザー脱毛が原因で症状が悪化する可能性があります。

「脱毛してムダ毛はなくなったけど脇の黒ずみが目立つようになった」という女性は少なからずいらっしゃるので、レーザー脱毛を受ける前に医師の説明をきちんと聞いておいてください。

 - 脇の黒ずみを病院で