脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをレーザートーニングで治療しよう

   

脇の黒ずみを治すために、医療機関ではレーザートーニング治療と呼ばれる処置が行われております。

脇の黒ずみを治すために開発された方法ではなく、医療用のレーザー機器を使ってシミや色素沈着といった肌トラブルを改善してくれるのです。

レーザートーニング治療はクリニックによってはボディQYAGトーニングとも呼ばれており、脇の下の黒ずみだけではなくデリケートゾーンや乳輪の黒ずみにも対応できます。

メドライトC6という機器専用のレーザーを患部に照射し、メラニンの量を少しずつ減らしてくれるので、脇の黒ずみの治療にも現在では使われるようになりました。

メドライトC6はアメリカのカリフォルニア州のConBio,A CynosureCompany社から製造されており、世界中で高い実績と信頼を得ております。

そのため、限られた医療機関でしかレーザートーニング治療は受けられないものの、セルフケアで脇の黒ずみを治せないのならば、クリニックで処置を受けるのは選択肢の一つです。

そこで、この治療を受けようと考えている女性のために、レーザートーニング治療によって得られる効果を箇条書きでまとめてみました。

・従来のレーザー治療では困難だった肝斑の改善にも対応している
・下着の擦れによる黒ずみや色素沈着を改善できる
・長い波長のメドライトC6によって真皮までレーザーを届けてコラーゲンの生成を促す
・コラーゲンの増加によってリフトアップ効果が得られる

黒ずみや色素沈着の症状が悪化すると、トランサミンの内服や美白剤の外用だけでは変化が得られないことが多くなっております。

そんな時に登場したのがレーザートーニング治療で、「施術後に肌がスベスベになる」「毛穴が目立たなくなった」「顔の産毛がなくなった」など、たくさんの女性から高い評判を得ているのです。

レーザートーニング治療を行う部位のランキングとしては、1位が顔、2位が乳輪、3位が膝、4位が脇の下、5位がデリケートゾーンだとこの治療を取り入れている「リッツメディカルクリニック」の公式サイトで記載されておりました。

実際に、脇の黒ずみを消すために施術を受けている女性は多いですし、毛穴の開きやボツボツ、くすみといった症状も同時に改善してくれるのです。

ただし、保険外の治療なので数十万円程度の費用がかかりますし、1回の照射で効果を得られるわけではなく、複数回に渡って処置を受けなければなりません。

「高い費用を支払うのは現状難しい」という女性には、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)が適しております。

症状が軽ければ通販で販売されている美容ジェルで自慢できる脇の下を手に入れられるので、是非一度Pule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみを病院で