脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

ルミキシルは脇の黒ずみの対策に繋がる?

   

ルミキシルとは?

ルミキシルとは?
ルミキシル(LUMIXYL)とは、低刺激で透明感を得られる次世代型ブライトニングコスメとしてアメリカのスタンフォード大学の研究者によって開発されました。

肌へと直接塗布するクリームを指し、美容外科や美容クリニックといった病院で処方されているケースは珍しくありません。

  • 天然由来のアミノ酸からなるタンパク質のルミキシルペプチドを配合している
  • 軽度から中等度の色素過剰の方の改善を目的に作られた
  • クリニックではシミや肝斑の治療と併用されることが多い

上記のような特徴があり、アメリカ発のドクターズコスメとして日本でも知名度が少しずつ上昇しています。

 

ルミキシルは脇の黒ずみ対策に繋がるの?

医療機関で処方されるルミキシルが黒ずみ対策に繋がるのかどうか、疑問を抱えている女性は多いのではないでしょうか。

  • シミや色素沈着の症状を和らげられる
  • 薄茶色のシミを引き起こす肝斑の治療に繋がる

こういった効果を得られるクリームと聞くと、脇の黒ずみにも効き目がありそうです。

確かに、ルミキシルはあの美白作用を持つことで有名なハイドロキノンの17倍の効果を持つと注目を集めています。

ハイドロキノンは黒ずみの原因であるメラニン色素の除去と根本のメラノサイトの減少の両方の効果を持ち、脇の黒ずみで悩む方にピッタリです。

しかし、濃度によって違いがあるものの、以下のデメリットがあるので注意しなければなりません。

  • 肌の漂白剤と言われている代わりに化学物質のアレルギーを起こす
  • 乾燥肌や敏感肌の女性が使用すると肌トラブルのリスクが高まる
  • 5.0%を超えると漂白作用が強すぎて白斑の原因になる

一方でルミキシルは天然のアミノ酸からなるタンパク質で構成されており、メラニン色素の生成と関与する酵素のチロシナーゼを刺激なく阻害してくれます。

メラニンをできにくくする効果を持ち、脇の下に引き起こされる黒ずみにも良い理由なのです。

 

ルミキシルの塗布でどんな肌へと導いてくれるの?

スキンケア用品や外用薬の使用によって得られる効果には個人差がありますが、ルミキシルの塗布でどんな肌へと導いてくれるのかまとめてみました。

  • 白くて透明感のある肌へと近付けてくれる
  • 肌を引き締めてくれる
  • 肌のキメを整えてくれる

美肌へと繋がるのは間違いなく、「メラニン色素の生成を引き起こす酵素を86%抑制する」「メラニン自体の抑制効果は40%」と脇の黒ずみに効く裏付けされたデータがあります。

「毛穴の黒ずみは角栓が酸化して汚れが詰まって引き起こされているからルミキシルは効果が期待できない」という意見もありました。

とは言え、メラニンが過剰に生成されて脇の黒ずみが酷くなるケースは多く、ルミキシルで対策や予防が可能です。

 

脇の黒ずみ対策でルミキシルを使うメリットは?

脇の黒ずみ対策でルミキシルを使うに当たり、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 美白効果が抜群で肌の色がワントーンアップする
  • 肌へと加わる刺激が少ないので長期間に渡って使用できる
  • 乾燥肌や敏感肌の女性でも肌荒れのリスクなく対策できる

効果だけではなく安全性も高く、肌への無毒性や低刺激性は幾つもの臨床実験によって確かめられています。

ハイドロキノンの場合は肌荒れを起こす危険性が高いので長期利用はおすすめされていないものの、ルミキシルであれば問題はありませんし保湿効果を同時に持つのもメリットの一つです。

 

肌が乾燥しているとルミキシルの効果が半減するので注意!

ルミキシルを中心とする美白化粧品は、肌が乾燥していると効果が半減しやすいので注意しなければなりません。

  • 保湿重視のスキンケアを毎日の生活の中で行う
  • 潤いを与えるだけではなく内部へと閉じ込める
  • 肌内部の保湿物質のセラミドを増やす

このようなスキンケアを行わなければならず、脇の黒ずみ対策としても欠かせないので当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)との併用がおすすめです。

Pule Pearl(ピューレパール)は脇の黒ずみで悩む女性のために開発されました。

  • プラセンタ
  • セラミド
  • 米ぬかエキス
  • コラーゲン
  • トリプルヒアルロン酸
  • 天然ビタミンE

上記のように女性であれば一度は聞いたことがあるような保湿成分をたっぷりと含んでいる化粧品なので、ルミキシルと併用して美肌を手に入れる努力をしてみてください。

 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみを化粧品で