脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと埋没毛

   

カミソリや毛抜きを使ってわき毛の間違った自己処理を長期間に渡って行っていると、脇の黒ずみだけではなく、毛が毛穴から出られずに皮膚の中で埋もれる埋没毛で悩まされる可能性があります。

特に、毛抜きによるダメージは想像以上に大きく、引き抜いたことによる刺激で肌が炎症を起こして埋没毛が発生し、中の毛が皮膚を押すことでボツボツが形成されるのです。

脇の黒ずみが生じ、ボツボツができている状態が美しいとはとても言えませんし、見た目のイメージを悪化させる大きな要因となります。

埋没毛のほとんどの原因がわき毛の自己処理ですが、以下の要因によっても引き起こされることがあるので注意しなければなりません。

・ニキビやかさぶたによって毛がきちんと生えられない
・抜毛の際に毛穴の中で切れて外に出られない
・肌が乾燥によってダメージを受けて硬くなっている
・安価な家庭用脱毛器を使ったり過剰に使用したりしている

比較的ダメージの少ない家庭用脱毛器でも、間違った使い方をしていれば皮膚への刺激は大きくなり、脇の黒ずみや埋没毛の原因となるので注意が必要です。

埋没毛を自分で何とか綺麗に取り出すことができても、その部位は同じように埋もれる可能性が高いですし、何よりも脇の黒ずみの根本的な解消には至らないでしょう。

慢性的に繰り返すうちに病院でも綺麗な肌へと戻すのが困難になるかもしれないので、脇の黒ずみと埋没毛を予防するにはわき毛の間違った自己処理をやめるのが一番です。

肌を傷付ける要因のほとんどがカミソリや毛抜きの使用で、毛穴が塞がって皮膚が炎症を引き起こしてかさぶたが形成されることもあります。

黒ずみや埋没毛といった皮膚のトラブルを避けるためにも、刺激の加わる自己処理をやめて電気シェーバーなど肌にダメージを与えにくい方法でムダ毛を処理するべきです。

ムダ毛の処理を一切行わないのが刺激を加えない最良の方法かもしれませんが、女性にとっては厳しいかもしれません。

わき毛をボーボーに生やして満足する女性は少ないはずですし、綺麗な状態を維持するのはエチケットの一つなので、刺激の加わりにくい電気シェーバーの使用であれば黒ずみや埋没毛を予防できます。

剃る前に除毛クリームを使って毛穴へのダメージを減らしたり、剃った後に化粧水や尿素クリームで保湿したりというケアを心掛けていれば、大きなトラブルに発展することはないはずです。

わき毛の自己処理で失敗すると、「雑菌が入り込みやすくなって炎症を引き起こす」「切開部分に黒ずみやシミが生じる」「色素沈着が悪化する」という状態に陥ってしまいます。

既に埋没毛が脇の下に形成されているのであれば、間違った自己処理をやめるだけではなく、ピーリング効果のあるローションで優しく拭き取ったり、レーザー脱毛で埋没毛自体を取り除いたりという対策を練ってみてください。

 - 脇の黒ずみと関係のある症状