脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

摩擦が原因の脇の黒ずみ

      2016/04/15

メラニンが原因の脇の黒ずみというページでも説明致しましたが、下着の摩擦や締め付けが原因で脇の黒ずみが発生することがあります。

脇の下は下着など常に衣類と覆われている部分なので、ある程度は摩擦が生じるのは仕方がないかもしれません。

しかし、窮屈なガードルや補正下着はもちろんのこと、普通の下着でも長い時間に渡って擦れるだけでデリケートな脇の下は大きな刺激を受けます。

その刺激に対して起こる身体の防御反応として、メラノサイトからメラニン色素が分泌され、肌に沈着して脇の黒ずみを引き起こすというメカニズムです。

腕を上げたり下げたりと動かすだけでも肌の表面を擦って摩擦が引き起こされますし、その度に大きなダメージが発生しております。

それに、日頃のわき毛の処理による刺激も重なり、毛がなくなった状態では汗を発散させることができなくなるため、無防備な状態となった脇の下はメラニン色素を発生させるのです。

過剰なメラニンの生成が脇の黒ずみの最大の原因と言っても過言ではなく、それを促しているのは衣類と肌との摩擦だと心得ておきましょう。

そのため、少しでも脇の黒ずみの発生リスクを抑えたいのであれば、締め付けの強い下着や洋服の着用はできる限り避ける必要があります。

衣類との摩擦が引き起こされないようにしたり、刺激を加えるような自己処理を避けたりしていれば、自然と脇の黒ずみは解消されていくはずです。

もちろん、既に脇の黒ずみが引き起こされている女性は化粧品によるケアを念入りに行わなければならないので、夏場に向けて美容成分が含まれたジェルのPule Pearl(ピューレパール)を使用してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、メラニン色素の発生を防ぐために摩擦や締め付けの少ない下着を着用すれば、脇の黒ずみは引き起こされにくくなります。

自分の身体のサイズに合わない締め付けるタイプの下着の着用で、メラノサイトを活性させやすく、メラニン色素が分泌される原因となるので注意が必要です。

また、サイズだけではなく、下着の素材にも焦点を当てなければなりません。

ポリエステルやナイロンといった化学繊維の素材で構成された下着は、天然素材と比較して肌との摩擦が生じやすくなっております。

つまり、それだけメラニン色素が発生しやすくなるため、敏感肌の女性は特に人の肌に近いタンパク質で構成されたシルク素材の下着を着用するべきです。

特に、乾燥肌で悩んでいる方は衣服を着用しているだけでも肌に負担が加わり、痒みを引き起こす原因となります。

直接肌と触れ合う肌着はコットンやシルクといった自然の素材がベストで、肌の痒みやチクチク感といった不快な症状を軽減させられるのです。

もちろん、どんな素材の下着を着用していても摩擦自体は発生しやすく乾燥が引き起こされやすいので、脇の黒ずみを解消するために保湿ケアも念入りに行うようにしましょう。

 - 脇の黒ずみの原因