脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみとニキビ

   

わき毛の間違った自己処理を行っていると、脇の黒ずみだけではなくニキビが形成される場合があります。

ニキビと聞くと、鼻や頬、背中やデコルテといった部分にできるイメージがあるかもしれません。

しかし、脇の下の皮膚は薄くてデリケートなので肌トラブルを引き起こしやすく、自己処理で刺激を与えていると黒ずみとニキビが同時に形成されることもあるので注意が必要です。

他の皮膚に引き起こされるニキビと同じように、脇の下も症状が進行することで以下のようにニキビは変化していきます。

・皮脂が溜まり始めたばかりの白ニキビ
・溜まった皮脂が酸化した黒ニキビ
・患部が炎症を引き起こした赤ニキビ
・患部が化膿した黄ニキビ

白ニキビや黒ニキビであれば改善の余地はあるものの、症状が進んで赤ニキビや黄ニキビへと発展すると治りにくくなります。

皮膚科を受診して専用の塗り薬を使わなければ良くならないことも十分にあるため、肌トラブルを悪化させないためにも早めに対処しなければならないのです。

特に、毛抜きによるわき毛の自己処理は肌へのダメージが大きく、無理に抜いていると毛穴が開いて出血が生じ、その中に細菌が入り込んで炎症が加速してニキビといった肌荒れに繋がります。

メラニンも沈着して脇の黒ずみを引き起こし、黒みと赤みの両方が混ざった酷い状態になるため、正しい方法でムダ毛の処理を行わなければならないのです。

既に脇の黒ずみが形成されているのであれば、美白成分をたっぷりと含んだPule Pearl(ピューレパール)の使用が適しております。

肌を保湿してニキビを中心とする肌トラブルの予防にも繋がるので、一度Pule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、脇の下に形成されるニキビはわき毛の間違った自己処理だけではなく、制汗剤のつけ過ぎや過剰な摩擦も原因の一つとなっております。

制汗剤は毛穴にフタをして汗の分泌を抑える成分が含まれているため、過剰な使用によって毛穴詰まりを引き起こしてニキビや黒ずみの症状を招くのです。

衣服との擦れやナイロンタオルで身体を洗うと過剰な摩擦が生じ、肌には想像以上に大きなダメージが加わります。

ナイロンタオルでゴシゴシと力を入れて洗っても黒ずみを除去できるわけではありませんし、肌の炎症を加速させる要因となるので十分に注意しましょう。

元々顔や背中といった部位にニキビができやすい人は、体質的に脇の下にも生じやすいので、どの皮膚も念入りなケアを行うようにしてください。

 - 脇の黒ずみと関係のある症状