脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

妊娠中の脇の黒ずみ

   

今までと特に変わらない生活を送っているのにも関わらず、妊娠中に脇の黒ずみや乳首の黒ずみで悩む女性は多いようです。

黒ずみの悩みはどの部位でも人に聞きづらく、一人で悩んでいる女性も決して少なくありません。

妊娠してから4週程度が経過すると、脇の黒ずみだけではなく乳房のハリや乳首が敏感になり、シミやソバカスといった肌荒れも頻繁に引き起こされるようになります。

何も知らないとビックリするかもしれませんが、妊娠中にこのような悪影響が生じるのは全てホルモンバランスが原因です。

もちろん、わき毛の間違った自己処理によって脇の黒ずみを悪化させている妊娠中の女性はいらっしゃるものの、妊娠を継続してお腹の中で赤ちゃんを育てるために、女性の身体の中でホルモンバランスは変化していきます。

2つの女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が妊娠中は増し、メラノサイトを刺激してメラニン色素が多く発生するため、肌に沈着して脇の下や乳首の黒ずみの原因になるのです。

脇の下や乳首は元々粘膜が弱く、メラニン色素の分泌量が多いため、妊娠中にホルモンバランスの影響と重なり合って黒ずみを引き起こすのではないでしょうか。

このホルモンバランスの変化は自分ではどうしようもありませんし、赤ちゃんを生んでエストロゲンとプロゲステロンの分泌が安定してくれば自然と元の状態へと戻ります。

脇の黒ずみは、産後のホルモンバランスが落ち着いてから何かしらの対策を行っても遅くはないのです。

あくまでも一時的な肌への症状なので神経質になる必要はないものの、「どうしても早く治したい」「綺麗な肌を維持したい」と考えている妊娠中の女性は以下のような予防を行ってみてください。

 

Pule Pearl(ピューレパール)を使う

当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)は、妊娠中の女性でも安心して使用できる美容ジェルとなっております。

美白成分や保湿成分が配合されたジェルで、アットコスメの口コミランキングで1位を獲得しました。

既に形成された脇の黒ずみだけではなく、これから形成される予防もPule Pearl(ピューレパール)では可能です。

出産後にホルモンバランスは安定しますが、元のキレイな肌色に戻るまでには数ヶ月間程度はかかるので、早めにPule Pearl(ピューレパール)による予防を行いましょう。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

乳液やクリームで保湿しよう

上記の化粧品だけではなく、市販の乳液やクリームを使って脇の下に潤いを与えるケアも脇の黒ずみの予防には大切です。

ピーリング剤で角質を削るような処置は妊娠中のデリケートな肌には少々危険性が高いので、ビタミンC誘導体といった美白成分が配合された化粧品の使用が適しております。

女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っている大豆イソフラボンが含まれた豆乳ローションの使用も効果的で、ムダ毛を細く抜けやすい状態にしてくれるはずです。

 

ムダ毛の自己処理の方法を見直そう

妊娠中の女性に限った話ではありませんが、ムダ毛の自己処理を見直すのも脇の黒ずみの予防の一つとなっております。

特に、妊娠中の女性の肌はデリケートで、カミソリや毛抜きでダメージを加えていると黒ずみだけではなく、ニキビやかぶれといった肌荒れも生じやすいのです。

ある程度高い費用がかかってしまいますが、わき毛の処理はエステサロンでレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行い、肌への刺激をできる限り減らすようにしてください。

 - 脇の黒ずみと年齢・性別