脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと臭い

   

ワキガによる不快な臭いと脇の黒ずみには特に関係性がないため、お互いの症状を引き起こす要因になるというわけではありません。

ワキガは遺伝的な要素が強い症状ですし、脇の黒ずみは先天的な要因よりも間違ったわき毛の自己処理といった後天的な要因が絡んでいるため、黒ずみと臭いには関係がないのです。

しかし、脇の臭いを気にするがあまり、制汗剤やデオドラント剤を過剰に使用している女性は脇の黒ずみを引き起こしやすいので注意が必要となります。

制汗剤やデオドラント剤の中には汗を抑えて臭いを取り除くためにたくさんの化学成分が含まれており、過度の使用で毛穴の中に詰まりやすくなるのです。

中でも、スプレータイプの製品であれば脇の下に加わる刺激が増しやすく、香料や着色料といった添加物が含まれたデオドラント剤の使用で脇の黒ずみのリスクは確実に上がります。

確かに、女性であれば脇の下の臭いに敏感になるのは仕方がありませんが、黒ずみで美容に大ダメージを与える結果になるので、慎重に製品を選ばなければならないのです。

そこで、通販で販売されている無添加のデオドラント剤のラポマインがおすすめで、わきがや体臭といった不快な臭いを元からケアしてくれます。

天然植物の保湿エキスで皮脂や汗の分泌を抑え、雑菌を殺菌する力も持ち合わせているのです。

鉱物油やパラベン、石油系界面活性剤や合成ポリマーなどの添加物は全て除去されているため、敏感肌の女性でも安全にラポマインで臭いのケアができるのではないでしょうか。

ただし、臭いのケアはできても、既に形成された脇の黒ずみを取り除くことはできないので、そんな時は専用の美容ジェルのPule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、脇の下の臭いが酷くなる症状の一つがワキガで、脇の黒ずみとワキガというページでも詳しく説明致しました。

遺伝的な要因によってアポクリン汗腺が活発な人ほどワキガを発症しやすく、年齢や性別に関わらず不快な臭いが生じるのが大きな特徴です。

脇の黒ずみのように化粧品の使用だけで根本的に治すのは難しく、完治させるには病院で治療を受けなければなりません。

軽度のワキガであれば、臭いを抑える塩化アルミニウム液をティッシュやコットンに含ませて塗布したり、汗の分泌を抑える内服薬の臭化プロバンテリンで症状を和らげることができます。

しかし、重度のワキガの方や根本的な完治を目指しているのであれば、クリニックでアポクリン汗腺を取り除く直視下手術法や非直視下手術法を受けなければならないのです。

どのような治療や手術が適しているのか個人によって異なるため、詳しいことは専門医に相談してみましょう。

 - 脇の黒ずみと関係のある症状