脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをオロナインで治そう

   

oronine

様々な皮膚トラブルに効き目があるということで、オロナインは多くの人が一度は使用したことがあるはずです。

大塚製薬から販売されている皮膚疾患外傷治療剤がオロナインで、あかぎれやしもやけ、ニキビや軽い火傷といった症状に効き目があります。

公式サイトの効能では記載されていないものの、インターネットではオロナインが脇の黒ずみの対策として適しているという噂が飛び交っており、実際に使用してみた女性は多いかもしれません。

確かに、皮膚トラブルにオールマイティーな効果を発揮してくれますし、肌の炎症を抑える作用があります。

カミソリや毛抜きを使用した間違ったわき毛の処置により、患部がダメージを受けて炎症を引き起こし、脇の黒ずみへと発展しているケースはあるはずです。

抗炎症作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩液やグリセリンといった成分がオロナインには含まれており、軟膏タイプであれば傷口が空気と触れ合わないように保護する役割も担っております。

このように聞くと肌に良いと考えるかもしれませんが、外傷や皮膚疾病を治す際には適していても、美白成分は含まれていないので脇の黒ずみを白く明るくする効果はほとんど期待できないのです。

除毛した際にオロナインを患部に塗布するというケアは間違っておりませんが、炎症を抑えたり雑菌を殺菌したりするのが大きな目的なので、脇の黒ずみに特化した医薬品ではないと心得ておきましょう。

脇の黒ずみを解消するには肌の新陳代謝を向上させて弱った肌力を上げる必要があるので、専用のPule Pearl(ピューレパール)の使用をおすすめします。

角質が硬くなってメラニン色素が蓄積するという状態を改善できるので、オロナインではなくPule Pearl(ピューレパール)によるケアを始めてみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、オロナインによって脇の黒ずみを根本的に治せるわけではなく、原因となる要素を排除して未然に予防する効果があると説明するのが正しいです。

脇の下は皆さんが想像している以上にデリケートな部位で、ムダ毛をカミソリや毛抜きで処理していると細かい傷口から黴菌が入り込みます。

その影響で炎症が引き起こされてニキビや吹き出物が発生しやすくなりますし、化膿して傷跡が残るケースも十分に考えられるため、肌のダメージを抑えるためにもオロナインで保護するのが良いかもしれません。

クリームタイプのオロナインH軟膏でも、液体タイプのオロナイン液でも、基本的な効能は一緒ですし、殺菌作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩液で肌を清潔に保つサポートをしてくれます。

ドラッグストアで手に入る軟膏なので、万が一の皮膚トラブルのために一家に一個は用意しておきたいものです。

 - 脇の黒ずみを化粧品で