脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

ƒjƒLƒrƒCƒ‰ƒXƒg:o‰ï‚¦‚Ä—Ç‚©‚Á‚½

当サイトでは、女性が抱える悩みの中でも大きい脇の黒ずみを簡単に解消する方法について詳しくご説明しております。

脇の黒ずみとは、その名の通り脇の下に引き起こされる黒ずみのことを指し、「薄着になる季節は恥ずかしい」「水着やキャミソールが着れない」と悩んでいる女性は多いはずです。

冬場は衣服に覆われているので見えにくい部分でも、夏場は脇の下を露出する機会が多くなるため、できる限り早く解消したいと考えるのは決して不思議ではありません。

ダイエットをして理想のスタイルを維持できたとしても、脇の黒ずみが悪化しているだけで美容に大ダメージが加わります。

そこで、以下ではどのような方法で脇の黒ずみを解消するのが簡単なのか記載しているので、美肌を手に入れたいと考えている女性は一度チェックしてみてください。

 

自宅で脇の黒ずみを解消しよう

脇の黒ずみに効き目のある化粧品は数多く販売されているため、自宅で解消することは十分に可能です。

「脇の黒ずみでわざわざ皮膚科やエステに通うのは面倒だ」と考えている女性は多いのではないでしょうか。

とは言え、一度肌に形成されれば時間の経過によって自然と解消されるような甘い症状ではないので、自宅で専用のスキンケア用品を使用するのがベストです。

医薬品ではなくスキンケア用品なので、自分の肌に合っていれば副作用のリスクはありませんし、ネットで注文すれば商品が届いたその日からセルフケアができます。

化粧品以外を使った自宅での脇の黒ずみの解消方法も以下ではご紹介しているので、どのような対処をすれば良いのか把握しておくべきです。

 

Pule Pearl(ピューレパール)を使用しよう

pule-p

脇の黒ずみを対策してくれる美容ジェルがPule Pearl(ピューレパール)で、通販で販売されている化粧品の中でも人気を得ております。

自宅でエステ級のジェルを使用してセルフケアができるからこそ、Pule Pearl(ピューレパール)は高い評判を得ているのかもしれません。

確かな品質を持ち合わせた美容ジェルということで、2015年のモンドセレクションでは何と銀賞を受賞しました。

女性が目を通す美容雑誌や新聞、「スキンケア大学」といったホームページでも堂々と紹介されているのです。

Pule Pearl(ピューレパール)の中には、潤いを与えるヒアルロン酸やコラーゲン、美白効果を秘めたプラセンタやビタミンCといった成分が含まれており、自己流のムダ毛処理によって生じやすい脇の黒ずみを解消してくれます。

潤いをたっぷりと与えて肌力の向上をサポートしてくれますし、殺菌効果を持ち合わせたビタミンEやビサボロールといった成分も含まれているので、脇の下の嫌な臭いで悩む女性にも最適な化粧品です。

石油系界面活性剤や紫外線吸収剤は使われていない安全性の高い無添加のジェルなので、敏感肌や乾燥肌で悩む女性でも使えます。

自分の肌にマッチするかどうか確かめるための60日間返金保証制度も取り入れられているので、4,750円という格安の料金で販売されているPule Pearl(ピューレパール)の定期コースを注文してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

薬用アットベリージェルを使用しよう

at-berry

脇の下や二の腕、ひざやデリケートゾーンなど、ありとあらゆる部位に使用できる黒ずみケアグッズが薬用アットベリージェルです。

Pule Pearl(ピューレパール)と同じように自宅でエステ級のケアが行えます。

「満足度93.1%」「美容成分97.8%」「5人中3.8人がリピート」と薬用アットベリージェルは高い人気を得ており、魅惑のモテ美肌へと導いてくれるのです。

脇の汚れを落としてジェルを肌へと塗布し、手の平の体温で浸透させるという簡単なケアですし、化粧水・美容液・乳液の3つの効能を秘めたオールインワンジェルという点も特徴の一つかもしれません。

肌に潤いを与えるヒアルロン酸、乾燥肌に不足しやすいセラミド、美白効果を秘めたプラセンタ、抗菌成分の桑エキスなどが凝縮されております。

全ての美容成分がナノ化されているため、肌の角質層まで浸透して脇の黒ずみの解消のサポートを担ってくれるのです。

薬用アットベリージェルにも合成香料や鉱物油、パラベンやアルコールといった添加物は含まれていないので、刺激に弱い肌質の女性でも使用できます。

5,200円という料金で販売されている60日間の返金保証制度付きの「集中ケア定期購入プラン」が最もお得なので、たくさんの女性から支持されている薬用アットベリージェルを使ってみましょう。
 

>>> 薬用アットベリージェルの詳細はこちら

 

重曹で脇の黒ずみを解消しよう

juusou

脇の黒ずみを自宅で解消する方法として重曹の使用が効果的だと考えられております。

炭酸水素ナトリウムが含まれた天然の無機物質が重曹で、研磨作用を持ち合わせているのが大きな特徴です。

研磨作用と聞くと鉄を磨くようなイメージがあり、「肌にとって危険な物質なのではないか?」という疑問を抱くかもしれません。

しかし、重曹自体は柔らかい物質ですし、石鹸やボディソープにひとつまみ混ぜて脇の下を洗うだけで、スクラブ効果で皮脂や汚れを除去して黒ずみを解消してくれます。

重曹で洗うだけでは思うように脇の黒ずみが消えないのならば、水を加えてペースト状にし、ラップを使って脇の下にパックして10分間程度放置して洗い流してみましょう。

自宅で行うセルフケアとしては最もコストパフォーマンスが良いものの、頻度が多いと肌が刺激を受けて炎症が加速するかもしれないので十分に注意してください。

 

皮膚科で脇の黒ずみを解消しよう

自宅でのケアで脇の黒ずみを解消できないのならば、皮膚科を受診して専門医の指示に従って治療を受けるべきです。

皮膚科といってもいきなり脇の黒ずみを治すために大掛かりな治療が実施されることはなく、最初は塗り薬が処方されます。

皮膚のメラニン色素を排出しやすくする塗り薬と、皮膚の漂白作用を持ち合わせた塗り薬の2種類があり、どちらも肌の痒みといった副作用がある代わりに化粧品よりも高い効能が得られるのです。

また、脇の黒ずみの予防として個人の肌質に合わせて美容皮膚科ではレーザー脱毛が実施されております。

エステサロンよりも美容皮膚科のレーザー脱毛の効果は高く、ムダ毛がなくなって自己処理の頻度が減れば脇の黒ずみが引き起こされずに済むのです。

しかし、レーザーはムダ毛のメラニン色素に反応するという性質があり、あまりにも黒ずみが酷いと皮膚にも反応して余計に症状が悪化するかもしれないので注意しましょう。

 

クリームで脇の黒ずみを解消しよう

hydroquinone

クリームを使って脇の黒ずみを解消するのも選択肢の一つとなっております。

ここで言うクリームとは通販やドラッグストアで販売されている化粧品ではなく、皮膚科で処方される塗り薬のことです。

上記でも少し説明致しましたが、クリームタイプの塗り薬には、メラニン色素を体外へと排出しやすくしたり、美白作用を促したりという効能を持ち合わせております。

脇の黒ずみの治療として用いられているのがメラニンを作っているメラノサイトそのものを減少させるハイドロキノンクリームや、肌の生まれ変わりのサイクルを促してメラニン色素を排出しやすくするトレチノインクリームです。

頑固な脇の黒ずみで悩んでいる女性でも、ハイドロキノンクリームとトレチノインクリームを併用すれば簡単に解消できるかもしれません。

ただし、どちらの塗り薬にも「肌荒れ」「炎症」「痛み」「白斑」「痒み」「赤み」といった副作用があるので、専門医の指示に従って使用してください。