脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをピーリングで治そう

   

脇の黒ずみには、肌のターンオーバーを正常に働かせ、肌の生まれ変わりを促すピーリング処置が適しております。

エステサロンやクリニックで実施されているレーザーピーリングや、家庭用のピーリング石鹸など色々な種類があり、肌の表面に溜まった無駄な角質を剥がす効果があるのです。

ターンオーバーの乱れにより、角質が毛穴の中に詰まって脇の黒ずみを引き起こすというケースは決して珍しくありません。

しかも、ピーリングは脇の黒ずみだけではなく、シミやシワといった肌の老化を改善できる方法でもあるため、アンチエイジングケアとして女性から注目を集めているのです。

自宅でも使用できるピーリングジェルとして代表的なのが「デルマQ2」で、手にとって30秒間程度肌を擦るだけでボロボロと古くなった角質を取り除くことができます。

「こんなに古い角質が肌に溜まっていたなんて・・・」と驚く女性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

肌のターンオーバーの乱れによってニキビや吹き出物といった肌荒れも引き起こされやすくなるため、「デルマQ2」のようなピーリングジェルを使ってスキンケアを行うのは選択肢の一つというわけです。

自宅で化粧品を使ったケアで脇の黒ずみを改善できない場合は、クリニックで実施されている以下のようなピーリング治療が適しております。

ケミカルピーリング:フルーツ酸といった薬剤を塗布して角質を落とす
レーザーピーリング:レーザーを照射して角質を落とす
クリスタルピーリング:アルミニウムの微粒子を吹き付けて角質を落とす

専門医の指示に従ってこれらのピーリング治療を受けることにより、脇の黒ずみだけではなくニキビや薄いシミ、小じわやくすみといった肌トラブルを改善できます。

自宅でピーリング石鹸やピーリングジェルを使うよりも効果的ですし、保湿を中心とするアフターケアを行っていれば肌への刺激を抑えられるはずです。

しかし、無理にピーリングを行っていると硬く黒くなった角質を半ば強制的に除去する形となり、効果を得るどころか肌に必要な皮脂や角質が奪われて乾燥するかもしれないので注意しなければなりません。

肌の乾燥は脇の黒ずみの原因にもなりますし、敏感肌の女性がピーリングを行えばニキビやかぶれ、赤みといった肌トラブルへと繋がります。

特に、脇の下やVラインといった場所の皮膚は想像以上にデリケートで、できる限り肌に刺激を与えないようにターンオーバーを正常な状態に戻すことが先決なのです。

そこで、脇の黒ずみの症状がそこまで進行していない女性には、ピーリング治療ではなくPule Pearl(ピューレパール)の使用をおすすめします。

肌の角質を無理に落とすような治療ではなく、肌へと美白成分や保湿成分を与えて黒ずみを解消できる化粧品なので、定期コースでPule Pearl(ピューレパール)を注文してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみを病院で