脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

産後の脇の黒ずみ

   

産後に脇の下やバストトップ、外陰部といった場所に黒ずみが引き起こされるということで、悩んでいる女性は数多くいらっしゃいます。

産後も妊娠中と同じようにホルモンバランスが安定しておらず、女性ホルモンの増加でメラニン色素が増えて色素沈着が起こりやすい状態なのが大きな理由です。

胎盤から分泌されるホルモンが皮膚を強くするためにメラニン色素を発生させ、ホルモンバランスの乱れで肌の新陳代謝が遅れていることも脇の黒ずみを引き起こす要因かもしれません。

どちらにしても、産後は普通の状態と比べて脇の黒ずみを中心とする肌トラブルに悩まされやすく、致し方ない症状だと心得ておくべきです。

美容皮膚科でレチノインやハイドロキノンといった成分が含まれた薬を処方してもらうことはできますが、産後のデリケートな肌には大きな刺激となってしまいます。

そこまで心配しなくても、ホルモンバランスが正常に戻って肌のターンオーバーの乱れが改善されれば、自然と脇の下や乳首の黒ずみは消えてキレイな肌へと変化していくはずです。

そのため、無理に塗り薬を使ったり肌への刺激が強いピーリング剤による処置を行ったりという方法はおすすめできず、産後は予防ケア程度に留めておいた方が良いということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

そこで、産後の脇の黒ずみの予防としては、脇の黒ずみケアと保湿ケアの両方が同時に行える美容ジェルのPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

肌に潤いを与えることを重点的に行っていれば、新陳代謝を促して古い角質を剥がれやすくして毛穴への詰まりを予防できるので、一度Pule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、あまり神経質にならなくても、産後の脇の黒ずみはホルモンバランスが安定してくれば、自然と解消されると上記では説明致しました。

乳首の黒ずみも肌を強くして赤ちゃんへの授乳のためにメラニン色素が分泌されるというメカニズムなので、授乳期間が終われば自然と元の肌色へと戻っていきます。

この際に、乳首へと塗り薬を塗布して肌への刺激を加えていたり、わき毛の間違った自己処理でダメージを与えたりしていると、ホルモンバランスが安定しても黒ずみが改善されにくくなるので注意が必要です。

最も肌が傷付いて脇の黒ずみが悪化しやすいと言われているのがカミソリの使用で、わき毛を剃る際に肌の表面の角質も一緒に剥ぎ取ってしまいます。

肌への刺激を極力抑えることが脇の黒ずみの解消に繋がるので、産後の女性はカミソリではなく電気シェーバーや家庭用脱毛器、除毛クリームといったグッズを利用しましょう。

もちろん、わき毛を剃った後の肌を労わってあげるために、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸といった成分が含まれた化粧水や美容液で肌の保湿を促すのも大事です。

 - 脇の黒ずみと年齢・性別