脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと洗濯・漂白

      2016/06/14

脇の黒ずみで悩む女性は見た目のイメージだけではなく、洋服に付着する黒ずみや黄ばみで悩んでいるかもしれません。

特に、脇の下の部位は汗をかきやすく、何回も洗濯をしても真っ白な状態にならないことは多々あります。

白いシャツは特に洗濯した後でも黄ばんでいることが多く、これは人間の身体から分泌される皮脂が大きな原因です。

黄色い皮脂が脇の下にこびりついているだけではなく、ホコリや排気ガスなどの汚れが上から付着することにより、黄ばみや黒ずみへと変化していきます。

頑固な汚れは通常の洗濯では綺麗に落とせないかもしれないので、漂白剤を使用した方が良いでしょう。

漂白剤の種類によっては色物や柄物に使用できないことがあるので注意しなければならないものの、普通に洗濯するよりも効果的に黄ばみや黒ずみを落とすことができます。

そこで、洗濯で使用する漂白剤の種類は、衣類の素材に合わせて以下のような製品を選びましょう。

塩素系漂白剤:白色の綿、レーヨン、麻、アクリル
酸素系漂白剤:絹、ウール以外の全ての繊維
還元型漂白剤:白い繊維全ての素材に使用できる

ハイターやブリーチといった塩素系漂白剤が持ち合わせている力は強いのですが、色物や柄物に使用すると色が落ちて洋服が台無しになるので注意が必要です。

どの種類の漂白剤も基本的にはドラッグストアやスーパーで販売されておりますし、洋服の脇の下に付着した頑固な黄ばみや黒ずみも除去できます。

漂白剤だけではなく、汚れが付着している箇所に酢や重曹を塗布し、洗濯するのも効果的なので試してみてください。漂白剤を使用した詳しい洗濯方法は以下のようになっております。

①60℃から70℃程度のお湯を容器の中に入れる
②衣類の素材に合った漂白剤を表記されている濃度に従って入れる
③衣類を完全にお湯に浸からせる
④大よそ1時間程度そのままの状態で放置しておく
⑤漂白が終わったら丁寧に濯いで普段と同じように洗濯する

上記のような方法で衣類を洗濯すれば、脇の下にこびりついた黒ずみや黄ばみも綺麗に落とすことができます。

黄ばみや黒ずみが軽度であれば、ワイドハイターEXパワーの原液を汚れの部分に塗布し、軽く揉み洗いした後に浸して洗濯するだけでも十分な効果が得られるはずです。

シャボン玉石けんやカラーブライト、アルカリウォッシュやオキシクリーンといった漂白剤も人気を得ており、お近くのドラッグストアで購入できるので探してみるのが良いかもしれません。

ただし、塩素系の漂白剤を使用する場合、酸性の台所用洗剤と併用すると有毒ガスが発生して非常に危険なので、間違った使い方をしないようにきちんと説明書などを読んでおいてください。

 - 脇の黒ずみの対策・ケア