脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをシェーバーで治そう

   

shaver

脇の黒ずみを治すために、市販で販売されている電気シェーバーを使用してムダ毛の処理を行うのが適しております。

「脇の黒ずみを治す」というよりも、「脇の黒ずみを予防するために電気シェーバーを使う」と言った方が良いかもしれません。

脇の下は他の部位と比べて毛が密集しており、尚且つ直ぐに毛が生えてくるという特徴があるため、自己処理の回数は必然的に増えます。

男性であればわき毛の処理をする機会はほとんどありませんが、女性であればエチケットの一つとしてカミソリや毛抜きを使って剃っているはずです。

このような自己処理を長期間に渡って続けていると、肌がダメージを受けてその刺激から守るためにメラニン色素が分泌され、肌に沈着して脇の黒ずみが引き起こされやすくなります。

間違った自己処理が原因で脇の黒ずみを悪化させている女性が実に多いため、その刺激を少しでも和らげるために電気シェーバーを使った方が良いというわけです。

「電気シェーバーでの脱毛処理は肌へのダメージが大きい」「電気シェーバーでの脱毛で埋没毛の原因となる」という意見も出回っており、剃り残しによる黒いブツブツが肌に形成されたという女性もいらっしゃいます。

それでも、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりという行為と比較すれば、電気シェーバーの方が圧倒的にダメージを抑えられるのです。

毛抜きでは目に見えない毛穴の中で皮膚をちぎって傷付けている結果になりますし、カミソリによるケアも刃が肌に押し付けられる度に角質層を削り取っております。

1日や2日では特に変化がなかったとしても、長期間に渡って間違った処理をしていれば脇の黒ずみだけではなく、吹き出物やブツブツといった肌荒れに繋がるので、刃が肌に当たらない電気シェーバーを使用しましょう。

顔用の電気シェーバーであれば刃自体が丸みを帯びているので肌に優しいですし、量販店や通販で2,000円~3,000円といったお手頃な価格で販売されております。

・ブラウンの「レディーシェーバー」
・パナソニックの「サラシェ全身シェーバー」

上記の2つの製品が電気シェーバーの中でも特におすすめで、肌への刺激を抑えることによって脇の黒ずみの発生を予防してくれます。

もちろん、根元まで処理できないことが原因でわき毛の処理回数が増える恐れがあるため、電気シェーバーを使うにしても剃った後の保湿は欠かさずに行わなければなりません。

化粧水やクリームといった化粧品を使って脇の下の皮膚に潤いを与えていれば、わき毛処理によって生じたダメージを少しでも軽減できます。

また、切れ味が悪いと肌に負担が加わるで小まめに刃を交換しなければならず、毛根からムダ毛をごっそりと除去するブラジリアンワックスといったグッズも上手く活用してみてください。

 - 脇の黒ずみの対策・ケア