脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

即効性のある脇の黒ずみの解消法は?

      2016/05/04

脇の黒ずみは美容に大きなダメージが加わるため、「即効性のある解消法を知りたい!」という女性は多くいらっしゃるはずです。

数ヶ月や数年間をかけてゆっくりとケアを施すのは無理だと考える女性は多いですし、即効性のある方法がベストなのは間違いないでしょう。

とは言え、脇の黒ずみはメラニン色素が沈着して形成されたものなので、1日や2日で治すことはできません。

肌の新陳代謝を促進することで脇の黒ずみは少しずつ解消されており、私たちの肌の生まれ変わりのサイクルは約28日間ということで、健康的な肌質の女性でも約1ヶ月間はかかります。

つまり、1日や1週間といった短い期間で脇の黒ずみを完全に治せるような即効性のある方法は存在しないのです。

それでも、数多くの方法の中でも、ピーリングは脇の黒ずみを比較的短い期間で治せると考えられております。

肌の表面に過剰に溜まった古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促す処置がピーリングで、他の方法よりも即効性があるのです。

美容クリニックでケミカルピーリングを受けたり、自宅でピーリング石鹸を使ったりと様々な方法があり、美しい肌へと生まれ変わらせるサポートをしてくれます。

ただし、即効性のある脇の黒ずみの解消法ですが、「無理矢理肌の角質を除去するので乾燥してダメージを受ける」「かぶれや赤みを引き起こす」というデメリットがあるので注意しなければなりません。

そこで、安全に脇の黒ずみの症状を緩和させるためにも、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

即効性のある方法というわけではありませんが、美白成分と保湿成分が含まれたジェルで肌力をアップさせるケアができるので、一度Pule Pearl(ピューレパール)を試してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、自宅でのケアで脇の黒ずみを解消できないのであれば、美容皮膚科へと足を運んでみるのは選択肢の一つです。

レーザー治療として定評のあるレーザートーニングはそれなりに即効性があり、脇の下や乳輪の黒ずみなど幅広い色素沈着の解消に繋がります。

もちろん、レーザートーニングも1回の光線の照射で改善されるわけではなく、数回に渡って施術を受けるのが大前提です。

それでも、自宅であれこれと化粧品を試してみるよりも、美容皮膚科で専門医の指示に従って治療を受けた方が良い結果になるケースは多いのではないでしょうか。

ただし、美容皮膚科で実施されているレーザー治療は保険が適用されず、全てを自費で負担しなければならないので即効性があっても高い費用がかかります。

金銭的な負担を和らげるために、皮膚科で処方されるハイドロキノンといった塗り薬を使用し、脇の黒ずみの症状を解消できるように試みるのも良いかもしれません。

ハイドロキノンはトレチノインとの併用で更に大きな美白効果が得られると言われており、脇の下や鼻の黒ずみで悩まされている女性は一度使ってみてください。

 - 脇の黒ずみに関するFAQ