脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをスプレーで治そう

   

制汗剤が原因の脇の黒ずみというページでも説明致しましたが、市販で販売されている制汗スプレーには注意が必要となります。

汗を抑えるグッズとして制汗スプレーは夏場は特に役立つものの、あまりにも頻繁に制汗スプレーを使用していると脇の黒ずみを発生させる大きな原因となるのです。

制汗スプレーの中には、汗を抑えるために毛穴を塞ぐアルミニウムといった成分が含まれており、その化学成分が毛穴の中に詰まることで脇の黒ずみが引き起こされるというメカニズムになっております。

アルミニウムが肌にとって良くないという話には医学的根拠はないものの、肌にとって余計な化学成分という点では変わりありません。

それに、至近距離から制汗スプレーを吹きかけていると、パウダーが厚く肌に張り付くため、大きな刺激が加わります。

私たちの肌は外部からの刺激から守るためにメラノサイトからメラニン色素が分泌されており、それが沈着することで脇の黒ずみが引き起こされてしまうのです。

脇の黒ずみだけではなく、毛穴が炎症を引き起こしてブツブツの原因ともなるため、制汗スプレーを使用する際はできる限り遠くから満遍なく吹きかけるようにしましょう。

もちろん、既に脇の黒ずみが引き起こされているという女性は、制汗スプレーの使用を中止しても症状が改善されないかもしれないので、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

黒ずみ対策用ジェルとして大手の美容サロンでも使用されているアイテムなので、Pule Pearl(ピューレパール)によるケアを続けて理想の肌を維持できるように努力してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、汗を抑えるために制汗スプレーではなく、ロールオンタイプの製品ならば問題がないのではないかと考える女性は多いかもしれません。

確かに、肌に直接塗布するロールオンタイプの方がスプレーの使用よりも刺激を和らげることができます。

それでも、肌に分泌されている皮脂と混ざり合って毛穴の中に詰まり、脇の黒ずみを引き起こす原因になる点では変わりないので、多用はできる限り避けなければならないのです。

汗による臭いが気になるからといって、一日に何度も重ねて付けていると、潤いが失われて乾燥し危機感を覚えた肌が更に皮脂の分泌を促して環境は悪化していきます。

脇の黒ずみにしても炎症にしても、乾燥を避けて保湿を重点的に行わなければならないため、その弊害となる制汗スプレーの多用は避けるべきです。

強力なパワーを持った製品も現在では登場しているので、汗を抑えるために使うのならば低刺激のものを選び、夜にはしっかりと落として成分が肌に残らないように注意してください。

 - 脇の黒ずみの原因