脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをステロイドで治そう

   

皮膚疾患の治療薬としてステロイド剤は有名で、強力な抗炎症作用や免疫抑制作用、抗アレルギー作用を持ち合わせております。

「炎症を鎮める」「免疫を抑制する」というのがステロイドの大きな効果で、内服や塗布、大量に注射するパルス療法など個人の症状に従って使用していくのが一般的です。

脇の黒ずみも肌に生じる疾患の一つということで、ステロイド剤を使って治療しようと考えている女性はいらっしゃるかもしれません。

しかし、脇の黒ずみをステロイド剤で治すことができないばかりか、逆に黒ずみを引き起こす原因となるので注意が必要となります。

アトピーや皮膚炎でステロイド剤を使用し、その後遺症として黒ずみや色素沈着が引き起こされたという患者さんは意外にも多いのです。

とは言え、これはステロイド剤の塗布自体が原因で脇の黒ずみが引き起こされたのではなく、治療が中途半端になって患部の炎症が長引き、色素沈着が悪化したからだと考えられます。

ステロイド系抗炎症薬の皮膚外用剤は副作用が強いと認識している方が多く、だからこそ塗り薬の使用によって脇の黒ずみの原因になったと考えるのではないでしょうか。

ステロイド剤の副作用で肌が黒くなるのは誤解で、あくまでも炎症がおさまった後の色素沈着による影響となっております。

つまり、医師の指示に従ってステロイド剤を使って皮膚炎の治療を行っていれば、時間の経過とともに黒ずみは消えていくはずです。

ただし、肌の炎症が慢性化すれば黒ずみやシミが肌に残りやすいですし、ステロイド外用薬には以下のような副作用があるので注意しなければなりません。

・長期的な使用で皮膚が薄くなる
・免疫のバランスが崩れて感染症を引き起こす
・ニキビや吹き出物といった肌荒れが生じる
・血管が脆くなって拡張する
・高血圧や糖尿病を誘発する

上記のような危険な副作用のリスクもあるため、ステロイド剤は自己判断ではなく医師の指示に従って使用しなければならないのです。

もし、アトピー性皮膚炎といった病気を患っているのならば、正しい方法でステロイド剤を使用するとともに、皮膚を掻き毟らないように注意しましょう。

皮膚炎が生じている時に更に掻き毟ると、基底層の基底膜乱れてメラニン色素が内部に入り込みやすくなります。

湿疹の症状が悪化するだけではなく、色素沈着も酷くなって治りにくい脇の黒ずみへと変化していくため、皮膚が痒くても掻き毟らないように我慢するべきです。

場合によっては抗アレルギー剤(抗ヒスタミン薬)を医師から処方してもらい、服用して痒みを抑えた方が良いかもしれません。

どちらにしても、皮膚炎は自然と解消されないケースの方が多いので、皮膚科を受診して医師から指示された正しい方法で治療を受けるようにしてください。

 - 脇の黒ずみを病院で