脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと酢

   

su

お酢の中に入っているクエン酸を利用することで、脇の黒ずみの解消に繋がるという噂が飛び交っております。

確かに、お酢の中にはクエン酸がたっぷりと含まれており、肌に残された古い角質を落としてターンオーバーを促す働きがあるのです。

柑橘系の果物や梅干といった食べ物の中にもクエン酸は含まれており、肌のターンオーバーを促して古い角質を除去すれば脇の黒ずみの解消に繋がります。

そこで、お酢の効果を更に高めるためにも、重曹と混ぜ合わせてペースト状のスクラブを作ってみましょう。

ドラッグストアなどで販売されている重曹と水を混ぜ合わせてペースト状を作り、その中にお酢を加えるという簡単な処置で、炭酸の発生によってシュワシュワとした状態になります。

重曹の中に含まれている炭酸水素ナトリウムと、お酢の中に含まれているクエン酸が混ざることで炭酸が発生し、毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせてより高い洗浄効果を得られるのです。

自宅で簡単に行える脇の黒ずみのセルフケアで、出来上がったペースト状のスクラブをコットンやガーゼにつけて脇の下に塗布したり、パックしたりすることで大きな効果が得られます。

美容サロンでピーリング処置を受けるよりも金額を抑えられますし、重曹とお酢のダブルの効果によって脇の黒ずみの症状を一気に和らげられるかもしれません。

とは言え、あまりにもお酢の濃度が高いと痒みや痛みを感じることがありますし、敏感肌や元々肌が弱いという女性には注意が必要となります。

あくまでも家庭療法の域を出ない方法ですし、肌トラブルが引き起こされていては全く意味がないので、安全に脇の黒ずみを解消したいという女性は当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、わき毛を脱毛したばかりの人や既に肌荒れを引き起こしている人にとっては、重曹とお酢を混ぜ合わせたスクラブは危険です。

脇の下は身体の中でも刺激を受けやすい部位ですし、肌に加わったダメージによって脇の黒ずみの症状が悪化することもあります。

脇の下の肌が傷付くとそれを修復するためにメラニン色素が放出され、肌に沈着することで脇の黒ずみが悪化していくのです。

もし、どうしても重曹とお酢を使ったセルフケアを実践したいのであれば、自分の肌の状態をチェックしながら処置を施すとともに、ピーリング後の保湿ケアを念入りに行うようにしましょう。

どのようなピーリングでも処置を行った後に肌が乾燥しやすいという特徴があるため、化粧水やボディクリームを使って肌を整えなければならないのです。

ただでさえ脱毛や衣類との摩擦によって刺激を受けやすい部位なので、これ以上脇の黒ずみを悪化させないためにも保湿を重点的に行うようにしてください。

 - 脇の黒ずみと関係のある食べ物