脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

手作りで脇の黒ずみを解消できるの?

   

脇の黒ずみは手作りの化粧品で解消できると言われております。

数多くの手作りの化粧品の中でも豆乳ローションが脇の黒ずみ対策として適しており、材料を用意すれば自宅でも作れるのです。

皮膚科医も豆乳ローションのパワーを絶賛しており、以下のような効果を得られます。

・毛乳頭の活動を抑えてわき毛を細く抜けやすい状態へと導く
・大豆イソフラボンの効果で白く透明感のある肌へと導く
・サポニンやレシチンによって保湿効果を促して潤いを与える
・毛穴の汚れを取り除いてシミや黒ずみといった肌トラブルを防ぐ

以上のような効果を豆乳ローションは秘めているということで、以前に大ブームを引き起こしました。

女性の悩みを解決できる魔法のローションで、女性だけではなく男性からも徐々に人気が出始めていたのです。

豆乳ローションは市販の製品として販売されているものの、コストを抑えるために手作りの豆乳ローションで処置を施すこともできます。

ネットや薬局で化粧品を購入するよりも格段に安いコストで作れますし、手作りの豆乳ローションで脇の黒ずみのケアを行うのは選択肢の一つなのではないでしょうか。

そこで、以下では豆乳ローションの作り方を詳しくご説明しているので、是非一度確認してみてください。

①「無調整豆乳500ml」「レモン果汁100ml」「消毒用エタノール60ml」「キッチンペーパー」「ザル」「保存容器」を用意する
②レモンを良く洗った後に器具で搾って果汁を出す
③豆乳を鍋に入れて火にかけ、スプーンを使って軽く混ぜる
④焦げ付かないようにかき混ぜ、60℃程度になったらレモンを入れる
⑤かき混ぜながら弱火で温め、乳脂肪分が固まって小さな塊が形成されたら火を止める
⑥鍋を火から離して消毒用エタノールを加える
⑦ボールにザルを乗せてキッチンペーパーを順に重ねる
⑧鍋の豆乳をそのまま注いで冷めるまで放置しておく
⑨エキスを搾り出して保存する容器の中に入れる
⑩冷蔵庫の中に入れて冷えたら手作りの豆乳ローションの完成

上記のような流れで手作りの豆乳ローションは作ることができ、脇の黒ずみの解消グッズとして毎日使用できます。

脇の黒ずみの解消として劇的な効果を得られるわけではありませんが、お風呂上りやムダ毛を処理した後に欠かさずに塗布していれば少しずつ肌に変化が生じるはずです。

お風呂上りの肌の保湿として最適ですし、ムダ毛の処理の後に使用すればカミソリ負けや肌荒れを未然に予防してくれるのではないでしょうか。

ただし、手作りの化粧品は材料選びが大事で、豆乳は比較的新鮮な大豆固形成分が10%以上のものが適しております。

また、レモンはシミの除去として大きな効果を発揮しますが、皮の部分にはソラレンと呼ばれる成分が含まれており、逆にシミを引き起こす要因となるので搾る際に皮が入らないように注意してください。

 - 脇の黒ずみに関するFAQ