脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみを豆乳ローションで治そう

   

tounyuu

大豆の中のイソフラボンが含まれている豆乳ローションは女性の間で流行っております。

女性ホルモンのエストロゲンと同等の働きを担ってくれるイソフラボンにより、様々な美容効果が期待できるのです。

この豆乳ローションの使用により、脇の下に形成された黒ずみにも効き目があると言われております。

なぜ脇の黒ずみに効果的かと言うと、豆乳ローションの使用によって毛に栄養を与える毛乳頭の働きを抑え、ムダ毛の抑制をしてくれるからです。

当然のように脇の下に豆乳ローションを塗布すれば、「わき毛を抑える」「わき毛を薄くする」という効能が得られます。

得られる効能としては化粧水と一緒ということで、脇の黒ずみを豆乳ローションで直接的に除去してくれるわけではありません。

それでも、カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の処理により、肌がダメージを受けて脇の黒ずみを発生させる要因となっているため、ムダ毛を薄くできる効果がいかに大きいかお分かり頂けるはずです。

それに、豆乳ローションの主な原料は植物由来のナチュラルな大豆ということで、敏感肌の女性でも安心して使用できます。

鈴木ハーブ研究所からは、ボディケアとして使用できるパイナップル豆乳ローションが販売されているので、脇の黒ずみを少しでも解消するために使ってみてはいかがでしょうか。

とは言え、既に形成された脇の黒ずみを薄くする効果としては少々弱いので、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

Pule Pearl(ピューレパール)は美肌の予防だけではなく、既に形成された脇の黒ずみを薄くする効能を持ち合わせているので、是非一度使用してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、豆乳ローションの中にはサポニンやレシチンと呼ばれる成分も含まれており、その高い保湿効果によって肌の隅々まで潤いを与えてくれます。

美肌効果を整えるサポートをしてくれる製品ですし、脇の下以外の場所にも使用できるはずです。

上記でご紹介したパイナップル豆乳ローションのように、市販でも様々な化粧水が販売されております。

しかし、「保存料や防腐剤が入っていないナチュラルなローションを使いたい」と考えている女性はいらっしゃるはずなので、下記の方法でオリジナルの豆乳ローションを作ってみましょう。

①成分無調整豆乳400cc、レモン1個、消毒用エタノールを用意する
②豆乳を鍋に入れて固形物と液体に分離するまで弱火で熱する
③豆乳が焦げ付かないようにかき混ぜながら温める
④60℃~70度まで温めて適温になったら搾ったレモンを入れる
⑤弱火でかき混ぜて豆乳の乳脂肪分が固まったら火を止める
⑥火から下ろして消毒用のエタノールを加える
⑦ザルの上にコットンタオルとキッチンペーパーを重ねて豆乳を流す
⑧冷めるまで待ったらギュっとエキスを搾り出していく
⑨ローションを保存する容器に移して冷蔵庫で冷やしてから使用する

 - 脇の黒ずみを化粧品で