脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみとトレチノイン

   

脇の黒ずみといった色素沈着を消す成分として、トレチノインが注目を集めております。

血液中にも含まれている成分でビタミンA誘導体としての働きをトレチノインは持っており、新陳代謝を高めて表皮の細胞分裂を促し、以下のような効果が得られるのです。

・肌のターンオーバーを2倍に促す
・古くなった角質を取り除くピーリング効果
・真皮層のコラーゲンの生成を促進
・分泌される皮脂の抑制
・ヒアルロン酸の分泌促進による肌質の改善

皮膚の基底層のケラチノサイトと呼ばれる表皮の細胞分裂を促し、肌に蓄積したメラニンを除去する効果もあるため、トレチノインで脇の黒ずみの解消に繋がると考えられているのかもしれません。

既に形成された脇の黒ずみには大きな効果は発揮できないものの、メラニンを体外へと排出して美白を促す効果はあります。

ヒアルロン酸といった保湿成分の分泌を促進する効果もトレチノインの特徴で、乾燥を予防することで黒ずみだけではなく様々な肌トラブルの改善に繋がるのです。

脇の黒ずみの治療として、トレチノインとハイドロキノンの併用が推奨されており、医師の指示に従って下記のように患部へと塗布していきます。

①塗布する部分を洗って清潔さを保つ
②ビタミンC誘導体が含まれた化粧品を塗布する
③トレチノインを薄く伸ばすように塗布する
④5分間から10分間程度おいて乾燥するのを待つ
⑤ハイドロキノンを塗布する
⑥時間を空けて日焼け止めを塗って完了

上記のような手順で2種類の医薬品を使用することにより、脇の黒ずみを解消して白い美肌を維持できます。

どちらも肌トラブルの改善に魅力的な成分かもしれませんが、トレチノインは得られる効果が高いが故の副作用があるので注意が必要です。

血液中にも存在している成分ということで、トレチノインの使用でアレルギー反応や抗原抗体反応を引き起こすことはありません。

それでも、刺激の強い成分という点では変わりなく、素人がむやみやたらに使っていると痛みや赤みといった炎症が肌に生じます。

そして、肌の角質がボロボロと剥がれ落ちることで重度な乾燥気味になり、逆に脇の黒ずみの症状が悪化することも十分に考えられるのです。

また、トレチノインは肌の生まれ変わりのターンオーバーを早めて、メラニン色素の排出を促す効果があると上記では説明致しました。

しかし、脇の黒ずみの原因になるメラニンは不必要というわけではなく、紫外線といった刺激から肌を守る働きを担っているので、トレチノインを使い始めるのであれば日焼け止めは必須です。

塗布量や使用回数を守らないことで、肌に不快な症状が引き起こされるかもしれませんし、敏感肌の女性にとっては刺激が強いのでトレチノインではなく、Pule Pearl(ピューレパール)で脇の黒ずみの症状を和らげられるように努力してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみと関係のある成分