脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみがあるとプールや海に入れないの?

   

脇の黒ずみが肌に形成されているからといって、海やプールに入れないというわけではありません。

しかし、水着は脇の下を露出するようなファッションなので、黒ずみが引き起こされていると美容に大きなダメージを与えます。

「可愛い水着を着たいけど脇の黒ずみが悪化しているから今年は諦めなければ・・・」と嘆いている女性は多いはずです。

海やプールに入っていても脇の下や肩は露出しているので、周りの人の目線が気になるのは仕方がないでしょう。

そこで、脇の黒ずみをその日だけ隠すために、ウォータープルーフタイプのファンデーションの使用をおすすめします。

脇の黒ずみを一時的に隠すにはどうすれば良いの?というページでもご説明致しましたが、ウォータープルーフタイプのファンデーションを脇の下に塗布することで黒ずんだ肌をカモフラージュできるのです。

ウォータープルーフタイプの製品であれば水や汗にも強いため、脇の下に塗布して海やプールに入っても色落ちの心配はありません。

顔用ではなくボディ用のファンデーションであれば更に効果的で、ネット上やドラッグストアといった場所で販売されております。

ただし、脇の黒ずみをその日だけ隠せるとしても、ファンデーションで症状自体を和らげることはできないと頭に入れておくべきです。

脇の黒ずみを隠すのではなく、少しでも美肌を取り戻したいのであれば、当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)をおすすめします。

美容成分がたっぷりと含まれたPule Pearl(ピューレパール)を使用し、ファンデーションでカバーする必要のない美しい脇の下を手に入れられるように努力してみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 
さて、一度脇の下に色素沈着が引き起こされると、中々治りにくいという特徴があります。

症状が悪化すればするほど、1週間や2週間という短い期間では改善が難しいかもしれないので、海やプールに出掛けることの多い季節になる前から正しいスキンケアを心掛けるべきです。

化粧品を使って美容成分を患部に与えるだけではなく、脇を締め付ける下着の着用をやめたり、湿疹ができないように汗を拭き取るようなケアも必要となります。

脇部分の血流が阻害されることで摩擦が生じ、肌にダメージが加わって脇の黒ずみが引き起こされるケースも決して少なくありません。

海やプールに出掛けることの多い夏場は気温が高く、当然のように衣類に覆われている脇の下は汗をかきやすく、定期的に拭き取っていないと汗疹や湿疹が形成されます。

皮膚に炎症が生じればメラニン色素が活性化して肌に沈着し、脇の黒ずみが結果的に悪化するため、普段から念入りなケアを心掛けなければならないのです。

以上のように、化粧品を使って既にできた脇の黒ずみを対処するのではなく、美肌を維持できるような予防もしっかりと行うようにしてください。

 - 脇の黒ずみに関するFAQ