脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみをワセリンで治そう

   

vaseline

ドラッグストアや薬局で気軽に購入できる保湿クリームがワセリンで、石油を原料に作られました。

身体に悪いというイメージはあるものの、天然化石燃料の自然素材ですし、顔にも使用できる安全性の高い保湿クリームとなっております。

肌に潤いを与えて乾燥を予防できるということで、ワセリンの使用によって脇の黒ずみを治せるのではないかと考えられているのです。

確かに、肌の乾燥によってバリア機能に異常が生じ、古い角質が肌から剥がれにくくなって毛穴の中に詰まり、脇の黒ずみを引き起こす可能性は十分にあります。

顔にしても脇の下にしても、「清潔さを保つ」「潤いを保つ」という2点は重要事項なので、ワセリンで症状の改善に繋がるかもしれません。

そこで、脇の黒ずみを治すために、ワセリンの簡単な使い方を下記では説明しているので、是非一度参照してみてください。

ワセリンの正しい使い方

・手を洗って清潔にしてから手に取る
・塗る部分の皮膚は多少湿った状態にしておく
・入浴後にバスタオルで軽く水気を取った後に塗布する
・擦らないように優しく肌へと塗布する
・ハンドクリームとして使用する
・リップクリームとして使用する
・洗顔した後の保湿剤として使用する

 

上記のように、脇の黒ずみだけではなく、ハンドクリームやリップクリームなど、様々な使い方ができる点がワセリンのメリットなのではないでしょうか。

とは言え、個人の体質によってはワセリンの使用により、副作用が引き起こされる場合があります。

安全性の高い保湿クリームという点は間違いないものの、肌が刺激を受けて接触性皮膚炎を引き起こし、発赤や痒みといった症状を訴えている方はいらっしゃるのです。

脇の下に塗布して角質層に溶け込み、保湿成分のセラミドや天然保湿因子(NMF)の働きを阻害する可能性もあるため、自分の肌の状態をチェックしながら使用しなければなりません。

肌トラブルを引き起こせば脇の黒ずみを治すどころか、逆に症状が悪化して痒みやかぶれで悩まされてしまいます。

脇の下の皮膚は想像以上にデリケートで、外部からの刺激に弱いという特徴があるため、石油成分が原料のワセリンの使用には注意が必要なのです。

もし、ワセリンが肌に合わないというのならば、脇の黒ずみを治すために当サイトでご紹介しているPule Pearl(ピューレパール)の使用をおすすめします。

Pule Pearl(ピューレパール)の中には、植物が原料の成分しか含まれておらず、合成香料やパラベン、着色料や紫外線吸収剤といった添加物は一切含まれておりません。

敏感な肌にも使用できる素晴らしい美容ジェルなので、脇の黒ずみを治したいと考えているあなたは是非一度Pule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみを化粧品で