脇の黒ずみを解消したいあなたへ

【自宅で簡単!】脇の黒ずみを解消する方法

脇の黒ずみと火傷

   

一般的にカミソリや毛抜きを使った間違った自己処理や、衣服との摩擦が原因で脇の黒ずみは引き起こされやすいと考えられております。

自己処理にしても摩擦にしても肌にはダメージが加わり、その影響で脇の下に分泌されるメラニン色素の量が多くなり、毛穴の黒ずみが酷くなるというメカニズムです。

しかし、実はエステサロンでの光脱毛や美容クリニックでのレーザー脱毛など、肌の火傷によって黒ずみが引き起こされるケースもあるので注意しなければなりません。

脇の下は普段は衣服で隠れているため人からは見えないものの、夏場はノースリーブや水着を着用する機会が多く、露出が増えればわき毛の処理が必要となります。

「わき毛の自己処理が原因で脇の黒ずみが引き起こされる」ということで、光脱毛やレーザー脱毛を受けるのは選択肢の一つです。

エステサロンでも美容クリニックでもムダ毛の黒いメラニン色素に反応する光線を肌へと照射する仕組みとなっており、乾燥肌や敏感肌の女性ほど発生する熱が原因で火傷を起こします。

エステサロンの光脱毛は出力が弱いので火傷のリスクは少ないものの、医療機関で取り入れられているレーザー脱毛は照射パワーが強く、火傷のリスクが大幅に高まるのです。

メラニン色素が熱反応を起こして火傷から黒ずみへと変化するケースが多く、脇の下を綺麗にするつもりが逆に美容を損ねる原因となり得るので注意した方が良いでしょう。

日常生活において脇の下が火傷する機会は少なく、圧倒的に脱毛処置が原因だと考えられます。

もちろん、わき毛を生やしっぱなしにするのは女性にとってはあり得ない話ですし、エチケットの一つとして綺麗にムダ毛を処理するのは当然なので、火傷から脇の黒ずみへの変化を防ぐためにも念入りなアフターケアを行うべきです。

肌の弱い女性は施術後に日焼けしたかのように赤く腫れ上がるかもしれませんが、丁寧に冷やすクーリングを行っていれば肌へとダメージが蓄積されることはありません。

エステサロンではジェルやローションを使って肌をクールダウンしてくれるはずですが、自宅でも脱毛処置を受けた後の数日間は保湿を重点的に行わなければならないのです。

もし、既に脇の黒ずみが引き起こされてしまったのならば、保湿だけでは症状の改善に繋がらないかもしれないので、当サイトでご紹介している専用の化粧品のPule Pearl(ピューレパール)を使ってみてください。
 

>>> Pule Pearl(ピューレパール)の詳細はこちら

 

 - 脇の黒ずみの原因